ハラタケ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハラタケ属
Agaricus campestris.jpg
ハラタケ
分類
: 菌界 Fungi
: 担子菌門 Basidiomycota
: 真正担子菌綱 Agaricomycetes
: ハラタケ目 Agaricales
: ハラタケ科 Agaricaceae
: ハラタケ属 Agaricus

本文参照

ハラタケ属学名: Agaricus)はハラタケ科菌類の属の一つ。食用と有毒種の両方が含まれ、全世界で300を越す種が属している[1][2]。この属は一般的に「マッシュルーム」と呼ばれる主を含んでおり、西洋では栽培キノコとして最も一般的である。

属名はアガリクスであり、属内の全てが「アガリクス・○○」であるが、アガリクスは日本では薬用効能のあるとされるカワリハラタケを意味することがある。

特徴[編集]

ハラタケ属に属する種は肉の厚い傘、数十枚から数百枚の襞などの特徴があり、ひだでは胞子が作られる。同科に属する他属のきのことはチョコレート色の胞子で見分けがつく。また、柄を持っており、キノコの成長にしたがって傘が持ち上がり、ひだの成長を保護している覆い膜が外れ、これの残りによって柄につばができる。

模式種はハラタケで広く認められている。EarleはA. cretaceusを模式種にすることを提案している。

分類[編集]

昔はこれらの属にはPsalliotaという名前が与えられており、これは現在でも古いキノコの本に見ることができる。属の旧名であったPsalliotaはギリシャ語で輪を意味するpsalion/ψάλιονに由来しており、Fries (1821) の著書に初見される。

"Agaricus"の名称の由来はいくつか提案されており、"ロシアの地区であるSarmaticaのAgarica"からという説、ギリシャ語の「木のきのこの一種」という意味を持つἀγαρικ[3]όνからという説などがある。初期の扱いとしてはDonkのPersooniaでAgaricon Adans. genusとして扱われている。

食用・毒[編集]

いわゆるマッシュルームの仲間だが、食用菌と紛らわしい種類があり不明菌もあるためむやみに食べるのは避けたほうがよい。

主な種類[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Bas C. (1991). A short introduction to the ecology, taxonomy and nomenclature of the genus Agaricus, 21-24. In L.J.L.D. Van Griensven (ed.), Genetics and breeding of Agaricus. Pudoc, Wageningen, The Netherlands.
  2. ^ Capelli A. (1984). Agaricus. L.: Fr. (Psalliota Fr.). Liberia editrice Bella Giovanna, Saronno, Italy
  3. ^ ロシアのиに似る

関連項目[編集]