ハインリヒ・フィンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハインリヒ・フィンクHeinrich Finck, 1444年ごろ - 1519年ごろ)は、ドイツルネサンス音楽作曲家

おそらくバンベルク出身だが、生地と生年については確かなことは分かっていない。1492年から1506年までワルシャワポーランド王国宮廷楽団員を務め、後には楽長まで昇進した。1510年から1519年までシュトゥットガルト宮廷楽長を務めており、おそらく1519年に他界したのであろう。

作品[編集]

作品のほとんどは重唱などの声楽曲だが、該博な専門知識を披露している。ドイツ音楽初期の巨匠の中で高い地位を保っている。フィンクの作品は古今のさまざまな曲集に載せられてきた。ツヴィッカウ図書館は、16世紀半ばに出版された、フィンクの55の歌曲を含んだ大規模な曲集を所蔵している。