ノコギリザメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノコギリザメ科
ノコギリザメ.jpg
ノコギリザメ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: ノコギリザメ目 Pristiophoriformes
: ノコギリザメ科 Pristiophoridae
学名
Pristiophoridae

本文参照

スケッチ

ノコギリザメ(鋸鮫)とは、ノコギリザメ目ノコギリザメ科 Pristiophoridae に属する、ノコギリ状の吻をもつの総称。あるいはその中の1 種を指していう。類似した形態をもつノコギリエイエイ目ノコギリエイ科)とは分類上異なるので、注意を要する。両者の詳しい相違点については、ノコギリエイの項目を参照のこと。

分布[編集]

南アフリカからオーストラリアの沿岸海域、また日本近海にも生息する。

生態[編集]

ノコギリザメの(頭の先端部分)は著しく変形し、ノコギリ状の構造物となっている。長く伸びた吻は平らで、両側に棘のようなが多数並ぶ。歯は長いものと短いものが交互に並ぶのが普通である。ノコギリザメは、この凶器を振り回すことで餌生物に傷を負わせて気絶させたり、あるいは真っ二つに切り裂くという特異な習性を持っている。主な餌となるのは、小魚やイカ甲殻類などである。また面積の広い吻の下側には生物電気をキャッチする小さな孔(ロレンチニ瓶)が多数空いており、砂の中にいるエビカニなどを見つけて掘り起こして食べる。吻には2 本の肉質のヒゲが生えており、捕食行動に関連していると考えられる。

40m 以深の砂泥質の海底を好み、夜活発に活動する。大きくなると体長170cm に達する。ノコギリエイのように巨大になる種は知られていない。鰓はPristiophorus 属が5 対なのに対し、Pliotrema 属のシックスギル・ソーシャーク Pliotrema warreni は6 対である。2 基の背びれをもち、臀びれを欠く。体はやや縦に扁平で、底生生活に適応している。あまり速く泳ぐことはできない。胎生。子宮内の仔魚の吻は柔らかい膜に覆われ、母体を保護する。

人との関わり[編集]

人には危害を加えず、また野生のノコギリザメを目にする機会もほとんど無いと思われるが、ノコギリ状の吻で攻撃されないよう、余計ないたずらは控えるべきである。

利用[編集]

本種は漁業上重要で、ノコギリザメのサメの中でも上等とされている。日本産のものの肉は加工されて、かまぼこなどの練り製品の原料になる。

分類[編集]

ノコギリザメ科 Pristiophoridae には2 属5 種が含まれる。日本産はノコギリザメ Pristiophorus japonicus 1 種のみ。

Pliotrema

  • Sixgill sawsharkシックスギル・ソーシャークPliostrema warreni
    • 鰓が6 対ある。

Pristiophorus

  • ノコギリザメ Pristiophorus japonicus (英名:Japanese sawsharkジャパニーズ・ソーシャーク
    • 全長1.5m 。日本近海に生息。
  • Longnose sawsharkロングノーズ・ソーシャークPristiophorus cirratus
    • オーストラリア近海に生息。
  • Shortnose sawsharkショートノーズ・ソーシャークPristiophorus nudipinnis
  • Bahamas sawsharkバハマ・ソーシャークPristiophorus schroederi

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]