ネレウス (小惑星4660番)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネレウス
4660 Nereus
Nereus.jpg
ゴールドストーン天文台
レーダーが捕らえたネレウス
仮符号・別名 1982 DB
分類 地球近傍小惑星(PHA)
軌道の種類 アポロ群
火星横断
発見
発見日 1982年2月28日
発見者 E. F. ヘリン
軌道要素と性質
元期:2008年11月30日 (JD 2,454,800.5)
軌道長半径 (a) 1.489 AU
近日点距離 (q) 0.952 AU
遠日点距離 (Q) 2.025 AU
離心率 (e) 0.360
公転周期 (P) 1.82 年
軌道傾斜角 (i) 1.43
近日点引数 (ω) 157.98 度
昇交点黄経 (Ω) 314.50 度
平均近点角 (M) 282.94 度
物理的性質
直径 1.4 km
自転周期 15.1 時間
スペクトル分類 Xe
絶対等級 (H) 18.2
アルベド(反射能) 0.53
■Project ■Template

ネレウス (4660 Nereus) は、太陽系地球近傍小惑星のひとつ。アポロ群に属する。1982年パロマー天文台エレノア・ヘリンによって発見された。

ギリシア神話に登場する海神ネレウスにちなんで命名された。ギリシア神話には綴りが異なるネレウスも登場し、そちらはトロヤ群の小惑星に名付けられている (136557 Neleus)。

地球公転軌道にまで近づくため、小惑星からのサンプルリターンを行う「MUSES-C計画」で当初目標とされた小惑星であった。だが、探査機の能力的に、ネレウスへ向かうことが困難と判断され[1]、目標は当初からバックアップ天体として候補に挙がっていた (10302) 1989 MLに変更された。しかし2000年にX線天文衛星ASTRO-Eを打ち上げるはずだったM-Vロケット4号機の失敗によりまたもや探査計画は延期となり、目標を再検討した結果、偶然にも射程内にあった (25143) 1998 SF36(探査機はやぶさの打ち上げ後、イトカワと命名)を目指すこととなった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]