ニタリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニタリ
Alopias pelagicus 1.jpg
ニタリ
A. pelagicus
保全状況評価[1]
VULNERABLE (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: ネズミザメ目 Lamniformes
: オナガザメ科 Alopiidae
: オナガザメ属 Alopias
: ニタリ A. pelagicus
学名
Alopias pelagicus
Nakamura, 1935
英名
Pelagic thresher
Alopias pelagicus distmap.png
ニタリの生息域

ニタリ(似)Alopias pelagicusPelagic thresher)は、ネズミザメ目オナガザメ科に属するサメインド洋太平洋の暖かい海の表層に広く分布する。全長3.8m。オナガザメ科では最も小型である。近縁なマオナガ A. vulpinus とよく似ており、しばしば見間違えられる。卵食型の胎生。産仔数は2尾のみ。漁獲圧に対して非常に弱く、個体数は減少している[1]。人には無害である。

分布[編集]

太平洋インド洋の熱帯海域に多く生息する。地中海も分布域に含まれる[2]。分布域の詳細に関しては、マオナガと混同されている可能性があり、さらなる情報が必要である。主に外洋に生息するが、沿岸部にも現れる。生息水深帯は0~152m以深[3]

形態[編集]

ニタリ

最大全長383cm[4]。他のオナガザメ類と同様、全長の半分を占める尾鰭をもつ。背側の体色は濃青色か灰色、体側はメタリックシルバー。腹側は白色である。腹側の白色帯は胸鰭基部の上まで伸びない[3]。ニタリと非常によく似たマオナガ A. vulpinus ではこの白色帯が胸鰭基部の上まで伸びることから、これら2種の区別が可能である。ハチワレ A. superciliosus はこれら2種と異なり、頭部後方に目立つ溝があるので見分けやすい。

生態[編集]

外洋性浮魚類を主に捕食し、イカ類も餌生物に含まれる。

胎生。胎盤を形成しない卵食型。子宮内の胎仔は最初自らの卵黄で成長し、約12cmになると未受精卵を食べ始める[3]。発生初期は歯を使って卵を食い破るが、後期では卵を丸呑みする[2]。産仔数は通常2尾で、2つの子宮それぞれに1尾が育つ[2]。産まれた時のサイズは158-190cm[1]。正確な妊娠期間は知られていないが、12ヶ月より短く、毎年出産すると考えられている[3]

人との関わり[編集]

地域によっては漁業対象種になることもあるが、マグロカジキ延縄での混獲が主。肉、鰭、肝油、皮が利用される[2]。スポーツ・フィッシングの対象種である。

人に対して危険ではない[2]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Reardon, M., Márquez, F., Trejo, T. & Clarke, S.C. 2004. Alopias pelagicus. In: IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.1. <www.iucnredlist.org>. Downloaded on 02 July 2011.
  2. ^ a b c d e Biological Profiles:Pelagic thresher Florida Museum of Natural History Ichthyology Department.
  3. ^ a b c d Leonard J. V. Compagno (2002) "Sharks of the world: An annotated and illustrated catalogue of shark species known to date" Volume 2, Food and Agriculture Organization of the United States. pp.81-83.
  4. ^ Alopias pelagicus Froese, R. and D. Pauly. Editors. 2011.FishBase. World Wide Web electronic publication. www.fishbase.org, version (06/2011).