ニシレモンザメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニシレモンザメ
Wikilemon Nbrevirostris1 TerryGoss.jpg
ニシレモンザメ Negaprion brevirostris
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: メジロザメ目 Carcharhiniformes
: メジロザメ科 Carcharhinidae
: レモンザメ属 Negaprion
: ニシレモンザメ N. brevirostris
学名
Negaprion brevirostris
Poey, 1868
英名
Lemon shark
コバンザメを付けて泳ぐ
本種にはよくコバンザメが付く。
浅い海底を遊泳するニシレモンザメ

ニシレモンザメ(西檸檬鮫、学名Negaprion brevirostris、英名:Lemon shark)はメジロザメ目メジロザメ科に属するサメの1種。

生息地[編集]

生息図

西アフリカ沿岸の東大西洋南部一帯と、ニュージャージー州以南のカリブ海を中心とした南北アメリカ大陸一帯及び、東太平洋カリフォルニア以南の沿岸部に生息している。

特徴[編集]

体長は太平洋やインド洋に生息する近似種のレモンザメN. acutidens)と同じで、最大3メートルほど。レモンザメよりも体色の黄色味が濃く、これが名前の由来となっている。腹部は白い。

体型は典型的なサメの姿で、レモンザメとほとんど形態的にも違いはないものの、レモンザメほど前鰭の曲線カーブがきつくないことが識別点となっている。

多くのサメは呼吸のために常に泳ぎ続ける必要があるが、本種はその必要がない[1]

生態[編集]

発信器をつけた調査では、昼夜を問わず動き回っていることがわかった[2]。 レモンザメと同様に暖海の沿岸部に生息し、サンゴ礁を住処とすることも多い。近親交配を避けるために場合によっては、回遊することもある。

妊娠期間は12ヶ月ほどで成長は遅く、成熟するまでに要する時間は12年かかるといわれている。幼体期はマングローブなどに潜んで、大型魚の攻撃を受けないようにしている。

鋭いを持ち、沿岸域の大型魚類などを捕食し、場合によっては群れを形成することもある。

人との関わり[編集]

レモンザメ同様、人間に対して潜在的な危険があるとされる[3]。積極的に人を襲うことはないが、狂乱索餌[4](きょうらんさくじ)状態に陥った場合はサメの方から突然襲いかかったという例もあり、注意を要する。

本種は知能も高く、視力も良いことと、飼育が容易なため水族館や様々な実験施設で飼育、研究されている。


出典・脚注[編集]

  1. ^ Victor.G.Spuringer,Joy.P.Gold、『サメ・ウォッチング』、平凡社、1992年、p137
  2. ^ Victor.G.Spuringer,Joy.P.Gold、『サメ・ウォッチング』、平凡社、1992年、p139
  3. ^ Andrea Ferrari,Antonella Ferrari、『サメ・ガイドブック』、阪急コミュニケーションズ、2008年
  4. ^ この場合は、種類を問わず無差別に攻撃することがある。Victor.G.Spuringer,Joy.P.Gold、『サメ・ウォッチング』、平凡社、1992年、p109

関連項目[編集]

外部リンク[編集]