ナセル湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナセル湖
アブシンベル神殿から見るナセル湖

湖の位置
位置 北緯22度25分 東経31度45分 / 北緯22.417度 東経31.750度 / 22.417; 31.750座標: 北緯22度25分 東経31度45分 / 北緯22.417度 東経31.750度 / 22.417; 31.750
流入河川 ナイル川
流出河川 ナイル川
流域国 エジプト、スーダン
南北長 550 km (340 mi)
最大幅 35 km (22 mi)
面積 5,250 km2 (2,030 sq mi)
周囲長 7,844 km (25,735,000 ft)
最大水深 180 m (590 ft)
平均水深 25.2 m (83 ft)
貯水量 132 km3 (51,000 sq mi)[1]
水面の標高 183 m (600 ft)
湖沼型 貯水池
脚注 [1]
テンプレートを表示

ナセル湖アラビア語: بحيرة ناصرBoħēret Nāṣer, アラビア語エジプト方言: [boˈħeːɾet ˈnɑːsˤeɾ])とは、エジプト南部からスーダン北部にある、アスワン・ハイ・ダムによってつくられた人造湖。長さ550km、面積は5,250 km²。最大貯水量157km³。

歴史[編集]

「ナセル湖」の名称は、アスワン・ハイ・ダムプロジェクトを支持したガマール・アブドゥル=ナーセル大統領にちなんで名づけられた。 ナセル湖は、ナイル川を堰き止めるアスワン・ハイ・ダム建設工事(1958~1970年)の結果として生まれた湖であり、1960年代には水位の上昇に伴って大規模な移住プロジェクトが必要となった。水没した地域には18の歴史的な寺社・教会があった。

ヌビアおよび古代エジプトの考古学的に重要な場所は地区ごとに解体され、アブシンベルなどより標高の高い場所に移転した。河川港と鉄道ターミナルがあり、スーダンの主要都市となっているワジハルファは水没し、その側に新しく町が作られた。一方エジプトのナイル川上流側あったヌビア地域の集落も水没し、そこに住む数十万の人々は全て移転を余儀なくされた。

1990年代におけるナセル湖の水位上昇によってエジプト側に水害が起こったため、それを防止するため1998年から西のサハラ砂漠側にトシュカ湖(the Toshka Lakes)の建設を開始した。

交通[編集]

アスワンワジハルファの間にフェリーが運航しており、ワジハルファから鉄道で首都のハルツームまで行くことができる。スーダン-エジプト間の陸路による国境横断を禁じられ、両国間をつなぐ舗装道路がなかった頃は、このフェリー航路は空路を除けば唯一の交通手段だった。現在両都市は、「カイロ-ケープタウンハイウェイ」で行き来することができる。

観光[編集]

観光客にはナイルパーチなどをターゲットとしたスポーツフィッシングの人気が高まっている。

パノラマ[編集]

ナセル湖のパノラマ

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Data Summary: Aswan High Dam Reservoir”. International Lake Environment Committee. 2012年3月18日閲覧。

外部リンク[編集]