ナサニエル・E・グリーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナサニエル・エベレット・グリーン(Nathaniel Everett Green、1823年8月21日 - 1899年11月10日)は イギリス画家、美術教師であり、天文家でもある。風景画、人物画の画家であるが、天文観測を行い描いた惑星の図で有名となった。

1859年に自作の望遠鏡をつくったことから天文学に興味をもった。1877年に火星鉛筆スケッチを描いて、よく知られるようになった。火星の「運河」が観測によって生じる幻想であることを主張した。アマチュア天文家の観測を支援する団体、英国天文協会(British Astronomical Association:BAA)の設立メンバーで、1897年から1898年の間会長をつとめた。

1880年にバルモラル城に招かれ、ビクトリア女王を含む皇族に絵画を教えた。月のクレータに命名されている。

外部リンク[編集]