ナガスクジラ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナガスクジラ属
ナガスクジラ
ナガスクジラ Balaenoptera physalus
地質時代
中新世後期 - 完新世現代
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
階級なし : クジラ目 Cetacea
亜目 : ヒゲクジラ亜目 Mysticeti
: ナガスクジラ科 Balaenopteridae
: ナガスクジラ属 Balaenoptera
学名
Balaenoptera
Lacépède1804[1]
本文参照

ナガスクジラ属(—ぞく、Balaenoptera)はヒゲクジラ類 - ナガスクジラ科の一つ。

分布[編集]

極地や一部の付属海などを除くほぼ世界中の海に生息する。

生息年代[編集]

化石記録では中新世中期のものにナガスクジラ属に属す可能性のあるものが知られているが、中新世後期以降のものが確実な記録とされる[2]。また、分子記録からは、中新世前期にコククジラザトウクジラを含めた四つの大グループの分岐がおきている(後述)[3]

系統[編集]

ナガスクジラ属に属するとされる種を以下に示す。現生では以下の8種が属する。従来ツノシマクジラはニタリクジラと混同されていたが、2003年に新種として記載された。また、カツオクジラもニタリクジラと別種とされた。[4]

画像[編集]

分岐[編集]

ナガスクジラ属は遺伝子解析の結果から、側系統群である事が知られている。ナガスクジラ属はその内部にザトウクジラ属を内包し、またコククジラ科も含まれる可能性がある。ナガスクジラ類はコククジラ、ザトウクジラを含めて四つの系統に分岐しているが、それぞれの系統の分岐の順序は結論が出ていない。これは、調査に使用したSINE配列のうち3つが矛盾しているためである。これは、祖先多系[5]が存在し、その状態が解消される前に四つの系統がほぼ同時期に、急激に分化した事を示している。[6][7]分子時計や化石記録などから推定して、これらの分化は約1,900万年前、中新世前期バーディガリアンに起きたと推定される[3]

各系統を以下に示す[6][4]

ナガスクジラ上科

絶滅群


ナガスクジラ科+コククジラ

コククジラ




ナガスクジラ



ザトウクジラ





ミンククジラ



クロミンククジラ





シロナガスクジラ




ツノシマクジラ




カツオクジラ




ニタリクジラ



イワシクジラ








矛盾する3つのSINE配列が支持する系統[8]

  • BRY28 - ナガスクジラ系とシロナガスクジラ系が近縁
  • Sei23 - シロナガスクジラ系とミンククジラ系が近縁
  • IWA31 - シロナガスクジラ系とコククジラが近縁

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ BioLib - Balaenoptera
  2. ^ 『鯨類学』 43頁
  3. ^ a b 『ありえない!? 生物進化論』 81 - 82頁
  4. ^ a b 中央水研ニュース
  5. ^ 祖先に異なるSINE配列を持った複数のグループが存在した事。通常はこの状態は長続きせず、いずれ一つの配列パターンに落ち着く。
  6. ^ a b 雑記 - 進化・分類学 ヒゲクジラの系統も SINE 法で〆(2006.08.01)
  7. ^ 『ありえない!? 生物進化論』 76 - 81頁
  8. ^ 『ありえない!? 生物進化論』 81頁

参考文献[編集]