ドウソンシンリントナカイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドウソンシンリントナカイ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウシ目 Artiodactyla
亜目 : ウシ亜目 Ruminantia
: シカ科 Cervidae
: トナカイ属 Rangifer
: トナカイ R.tarandus
亜種 : ドウソンシンリントナカイ R.t.dawsoni
学名
Rangifer tarandus dawsoni
和名
ドウソンシンリントナカイ
英名
Dawson caribou

ドウソンシンリントナカイ Rangifer tarandus dawsoni は、偶蹄目シカ科に属するトナカイ亜種の一つで、カナダブリティッシュコロンビア州クイーンシャーロット諸島に生息していたが、すでに絶滅した。

体長1m40cm、体重100~130kgと小型のトナカイであった。島に住む先住民にも知られずに内陸でひっそりと暮らしていたが、1878年に発見された。そして1880年に、最初にこの動物の報告を送ったイギリスの動物調査官ドウソンの名をとってドウソンシンリントナカイと命名された。

絶滅[編集]

ドウソンシンリントナカイは、それまで知られていた他のトナカイに比べてあまりにも小型であったため、新種の認定と同時に学界で大騒ぎになったという。本当にそのような小さなトナカイがいるのかという点について、クイーンシャーロット諸島で綿密な調査が行われた。そして1908年、ドウソンシンリントナカイは再び人間の前に姿を現し、射殺された。それを最後に絶滅したとされている。絶滅の理由についてはよくわかっていない。