ドゥルヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドゥルヴァ(Dhruva, ? - 793年)は、インドデカン地方ラーシュトラクータ朝の王(在位:780年 - 793年)。ラーシュトラクータ朝の偉大な王の一人でもある。

生涯[編集]

クリシュナ1世の次子であったが、兄のゴーヴィンダ2世が遊興にふけって政治を省みなかったので、これを倒して即位した。

東ガンガ朝を討って、その領域を拡大し、パッラヴァ朝東チャールキヤ朝との戦いにも勝ち、デカン地方では無敵であった。

さらに、北インドへ遠征し、プラティハーラ朝ヴァトサラージャを破って、首都カナウジへ入城した。

また、遠征してきたパーラ朝ダルマパーラも破って北インドの覇権も握り、790年に莫大な戦利品をもって引き返した。

先代:
ゴーヴィンダ2世
ラーシュトラクータ朝の君主
780年 - 793年
次代:
ゴーヴィンダ3世