トーレ・アグバール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トーレ・アグバール
サグラダ・ファミリアから見たトーレ・アグバール
トーレ・アグバールのファサードの細部
夜間ライトアップされたトーレ・アグバール

トーレ・アグバール(Torre Agbar)はバルセロナのディアゴナル通り、グランヴィア通りとメリディアナ通りの交差点にある超高層ビル。フランスの建築家ジャン・ヌーヴェルが設計した建築物で、バルセロナ水道局(Aguas de Barcelona、アグバール)が所有。2005年6月に完成、9月16日の国王誕生日に落成した。

ヌーヴェルによれば、このビルはバルセロナの近郊にある奇岩の山モンセラートの形状と、水道会社ビルであることから噴き上がる水の形をイメージしたという。しかしバルセロナ市民からは男根(ファルス)を思わせると見られ、「坐薬」(el supositori)などのあだ名を付けられている。

高さは144.4m、38階(うち地下階が4階)で、30,000平方mのオフィス、3,210平方mの機械室、8,351平方mのその他用途(オーディトリアムなど)からなる。バルセロナでは3番目に高いビルである(一番高いビルは Arts Hotel と Mapfre Tower の二つ、ともに高さ154m)。

ビルは異なった要素を組み合わせて設計されている。ビル自体は鉄筋コンクリートでできており、ファサードはさまざまなガラスで覆われている。鉄筋コンクリートの壁は4,500箇所のガラス窓で切り抜かれている。このビルの独特な部分は夜間のイルミネーションである。ファサードには4,500個のLED照明装置が設置されており、ガラスのファサード越しに光のイメージが浮かび上がるようになっている。金曜、土休日の21時から24時(冬季は20時から23時)の間は美しくライトアップされている。また外壁には気温センサーが設けられガラス製のブラインドの開閉装置と連動しており、夏は暑い日光を遮り冬は日光を入れて冷暖房エネルギーを最大限節約するようになっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]