トートマイシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トートマイシン
識別情報
PubChem 440646
ChemSpider 389529
日化辞番号 J712.489I
ChEMBL CHEMBL505512
特性
化学式 C41H66O13
モル質量 766.95 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

トートマイシン(tautomycin、タウトマイシン)は、貝類に含まれる天然の有機化合物であり、微生物Streptomyces spiroverticillatusによって生産されている。ポリケチドに分類され、3つのヒドロキシル基、2つのケトン、ジアルキルマレイン酸無水物、エステル結合(無水物ユニットとポリケチド鎖を繋ぐ)、スピロケタールメチルエーテル構造が特徴である。

薬理学[編集]

トートマイシンは非常に強いタンパク質脱リン酸化酵素PP1およびPP2A阻害剤である。トートマイシンはPP2Aに比べてPP1に対して僅かに選択性を示すことが明らかにされている。