トロ・ブレイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トロ・ブレイスのロゴ

トロ・ブレイスブルトン語: Tro Breizhフランス語: tour de Bretagne)とは、フランスブルターニュ地方で行われるカトリック教会巡礼行事。ブルトン語で『ブルターニュを一周する』という意味である。ブルターニュ七聖人en:seven founding saints of Brittanyにちなんで七都市を巡るものである。これらの聖人たちはローマ帝国以後のブリテン島からやってきたケルト人聖職者で、5世紀から6世紀にかけてアルモリカキリスト教を伝え、ブルターニュ最初の司教座を創設した。

初期の巡礼は最長一ヶ月で600kmの距離を歩いたが、1994年にトロ・ブレイス道が整備されてからは巡礼が毎年1週間の旅程に短縮された。

巡礼地[編集]

古いブルトンの言い伝えによると、生きている間にトロ・ブレイスを達成できなかった者は死後に達成を科せられ、7年ごとに棺の中にいながらにして歩いて巡礼をしなければならないと言われている。

2002年、7年越しの巡礼を達成させた者は、多くの聖人たちの出身地ウェールズへ渡って巡礼を続けた。