トミー・インゲブリクトセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ノルウェーの旗 ノルウェー
男子 スキージャンプ
オリンピック
2006 トリノ  ラージヒル団体
ノルディックスキー世界選手権
1995 Thunder Bay ラージヒル個人
2003 Val di Fiemme ノーマルヒル個人
2003 Val di Fiemme ラージヒル団体
スキーフライング世界選手権
2004 Plancia 団体
2006 Kulm 団体

トミー・インゲブリクトセン(Tommy Ingebrigtsen、1977年8月8日 - )はノルウェートロンハイム出身の元スキージャンプ選手。1990年代半ばから2000年代後半にかけて国際大会で活躍した。

プロフィール[編集]

1993年12月、16歳のときにイタリアプレダッツォスキージャンプ・ワールドカップにデビュー、2戦目のクーシュベルフランス)では8位になり注目された。

翌1994/95シーズンにブレイクする。ノルディックスキージュニア世界選手権で金メダルを獲得すると、続く世界選手権カナダオンタリオ州サンダーベイ)はノーマルヒル16位、そしてラージヒルでは並み居る強豪を抑えて金メダルを獲得した。

しかし翌シーズンからは伸び悩んだ。ワールドカップでは2本目に進めないこともしばしばで代表から外されることも多かった。 1997/98シーズンまではワールドカップで一桁順位に入ったのも2回だけで、1995年の活躍はまぐれだったとも言われた。

1998/99シーズンになってやっとその実力を発揮し始めた。ワールドカップで自身初めて表彰台(1999年1月16日、ポーランドザコパネで3位)に上がるなど総合11位となる。

1999/2000シーズンは総合13位、2000/01シーズンは総合11位となった。

2003年ノルディックスキー世界選手権で久しぶりに活躍を見せた。ラージヒルで4位になると、団体戦で銅メダル獲得に貢献、ノーマルヒルでは銀メダルを獲得した。

2003/04シーズンにも自己最高タイのワールドカップ総合11位となった。

オリンピックでは2006年のトリノオリンピックで団体戦銅メダルを獲得。 2006年のホルメンコーレン大会でバッケンレコード(136.0m)を記録。 2006/07シーズン終了後現役を引退した。 ノルウェー選手権では優勝1回、2位2回を記録。ワールドカップでは優勝は無く、2位1回3位4回だった。

ロックを趣味としており、ギタリストとしても有名である。父はミュージシャンのダグ・インゲブリクトセン(w:en:Dag Ingebrigtsen)である。

外部リンク[編集]