トマス・パーカー (第3代マクルズフィールド伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第3代マクルズフィールド伯爵トマス・パーカー: Thomas Parker, 3rd Earl of Macclesfield1723年10月12日 - 1795年2月9日)は、イギリスの貴族。

1723年10月12日に初代マクルズフィールド伯爵トマス・パーカーの嫡子パーカー子爵ジョージ・パーカーの長男として、ロンドンリンカーンズ・イン・フィールズにあった祖父の邸宅で生まれ、1723年12月19日にセント・ジャイルズ・イン・ザ・フィールズ教会で洗礼を受けた[1]。父親が第2代マクルズフィールド伯爵となった1732年から自身が襲爵する1764年までは「パーカー子爵(Viscount Parker)」の儀礼称号を称した。1740年にオックスフォード大学ハートフォード・カレッジへ入学し、1743年に学位(M.A.)を取得[1]

1747年から1754年までスタッフォードシャーニューカッスル=アンダー=ライム選挙区選出の、翌1755年から1761年までオックスフォードシャー州選挙区選出の、1761年から爵位の相続によって貴族院に移る1764年までケントロチェスター選挙区選出の庶民院議員[2][3]。議会ではホイッグ党に所属。また1747年に王立協会のフェローにも選出された[4]

1749年12月12日にサー・ウィリアム・ヒースコート準男爵の娘であるメアリと結婚した。彼女は父方の従妹にあたり、間に第4代マクルズフィールド伯爵となったジョージや第5代マクルズフィールド伯爵となったトマスらをもうけた[1]

1795年2月9日に死去し、オックスフォードシャー州のシャーバーンに葬られた[1]。爵位は長男のパーカー子爵ジョージが相続した。

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
ジョージ・パーカー
マクルズフィールド伯爵
第3代: 1764–1795
次代:
ジョージ・パーカー