トゥグルク・ティムール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トゥグルク・ティムール(? - 1363年)は、チャガタイ・ハン国分裂後の東チャガタイ・ハン国モグーリスタン・ハン国)のハン(在位:1347年もしくは1348年[1] - 1363年)。14世紀半ばに東西に分裂したチャガタイ・ハン国を一時的に再統一したハンとして知られる。

生涯[編集]

チャガタイ・ハン国の12代目のハン・ドゥアの子であるエミル・ホージャの落胤と考えられている[2]天山山脈を拠点とするモグーリスタン・ハン国内の有力氏族であるドグラト部英語版のブラジによってハンに擁立される[2]

西チャガタイ・ハン国は1359年に有力者アブドッラーフが暗殺されて以降、各地に部族の長が割拠する分裂状態に陥っていた[3]1360年タシケントより西チャガタイ・ハン国が支配する西トルキスタンに軍を派遣し[4]バルラス部の指導者ハージー、スルドゥス部英語版の指導者バヤンら、西チャガタイ・ハン国の有力エミール貴族)に勝利を収めた。トゥグルク・ティムールに降伏した貴族の中にはハージーの甥ティムールもおり、トゥグルク・ティムールはティムールにキシュ(現在のシャフリサブス)を領地として与えた。

モグーリスタン軍が本国に帰還した後にハージーは反旗を掲げると、1361年3月から4月の間にトゥグルク・ティムール自身が西トルキスタンに進攻する[4]。トゥグルク・ティムールはアム川を越えてヒンドゥークシュに至り、スルドゥス部のバヤン[5]、ヤサウリー部のヒズル[6]ら敵対者を捕らえ処刑した。西トルキスタンのエミールはトゥグルク・ティムールに降り、ハージーが暗殺された後にバルラス部の指導者となったティムールも彼の主権を認めた[2]。トゥグルク・ティムールは1362年に子のイリヤース・ホージャを西トルキスタンの統治者に任命してモグーリスタンに帰国し、一時的に東西チャガタイ・ハン国の再統一がなされた[2]

しかし、イリヤース・ホージャの補佐役に任じていたティムール、アブドッラーフの甥フサインらモグーリスタンの支配を拒むアミールたちの反乱が起きる。1362年にモグーリスタン軍はティムールを撃破するが[7]、敗戦の後に勢力を盛り返したティムールによって、1363年に西トルキスタンはトゥグルク・ティムールの支配を離れ、同年に彼自身も没した[2]

彼の遺体はアルマリクに葬られ、彼を祀った霊廟が霍城県(コルガス)に現存する。

イスラームへの改宗[編集]

トゥグルク・ティムールは東チャガタイ・ハン国のハンで最初にイスラームに改宗した人物である[8][1]。伝承によれば、スーフィーのジャマール・アル=ディーンと即位後にイスラームに改宗することを約束し、即位後に約束通りジャマール・アル=ディーンの子であるアルシャド・アル=ディーンの導きによって改宗し、配下のモンゴル人にも改宗を勧めた[9]。この時にアルシャド・アル=ディーンが奇蹟を示したことでモンゴル人は畏敬の念を抱き、トゥグルク・ティムールと共に160,000人のモンゴル人も改宗したという[1]

しかし、トゥグルク・ティムールの改宗後ただちに、モグーリスタンがイスラム国家化した訳ではなかった[10]。東トルキスタンの仏教徒社会に急激な変化は起きず、仏教寺院は免税特権を与えられていた[11]。宮廷内も西チャガタイ・ハン国ほどのトルコ化は進んでおらず、モンゴル語公用語の地位を保っていた[12]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 濱田「モグール・ウルスから新疆へ 東トルキスタンと明清王朝」『東アジア・ 東南アジア伝統社会の形成』、98頁
  2. ^ a b c d e 佐口「トゥグルク・ティームール」『アジア歴史事典』7巻収録
  3. ^ 加藤『ティームール朝成立史の研究』、150頁
  4. ^ a b 加藤『ティームール朝成立史の研究』、151頁
  5. ^ 加藤『ティームール朝成立史の研究』、151-152頁
  6. ^ 川口『ティムール帝国支配層の研究』、234頁
  7. ^ 川口『ティムール帝国支配層の研究』、115頁
  8. ^ 杉山、北川『大モンゴルの時代』、359頁
  9. ^ 杉山、北川『大モンゴルの時代』、359-360頁
  10. ^ 杉山、北川『大モンゴルの時代』、360頁
  11. ^ 濱田「モグール・ウルスから新疆へ 東トルキスタンと明清王朝」『東アジア・ 東南アジア伝統社会の形成』、98-99頁
  12. ^ 濱田「モグール・ウルスから新疆へ 東トルキスタンと明清王朝」『東アジア・ 東南アジア伝統社会の形成』、99頁

参考文献[編集]

  • 佐口透「トゥグルク・ティームール」『アジア歴史事典』7巻収録(平凡社, 1959年)
  • 杉山正明北川誠一『大モンゴルの時代』(世界の歴史9, 中央公論社, 1997年8月)
  • 濱田正美「モグール・ウルスから新疆へ 東トルキスタンと明清王朝」『東アジア・ 東南アジア伝統社会の形成』収録(岩波講座13, 岩波書店, 1998年8月)
  • 加藤和秀『ティームール朝成立史の研究』(北海道大学図書刊行会, 1999年2月)
  • 川口琢司『ティムール帝国支配層の研究』(北海道大学出版会.2007年4月)
先代:
アリー・スルタン
チャガタイ・ハン国のハン
1347年 - 1363年
次代:
イリヤース・ホージャ