デリック・メイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デリック・メイDerrick May1963年6月4日 - )は、アメリカテクノミュージシャンDJである。テクノシーンにおけるキーマンの一人とされ、ホアン・アトキンスケビン・サンダーソンらと共にデトロイト・テクノ創始者の一人に数えられる。メイ自身が作った曲もさることながら、そのDJプレイでも大いに注目を集める人物である。

来歴・人物[編集]

メイがテクノに関わるきっかけは、高校の同級生であったホアン・アトキンスからクラフトワークYMOなどのシンセサイザーを駆使した音楽を教えてもらったことに始まる。

既に音楽活動を開始していたホアン・アトキンスに影響され、1986年に自身のレーベルであるTransmatを設立する。1987年に同レーベルからRhythim Is Rhythim名義で自身の最初の曲「Nude Photo」をリリース。1988年には、後の代表曲の一つとなる「Strings Of Life」をリリースした。

自身のTransmatレーベルでは、数多くのアーティストを発掘している。デリックの1番弟子カール・クレイグ、2番弟子ケニー・ラーキンや3番弟子のステイシー・パレン、他にもサバーバン・ナイトオクテイヴ・ワンジョイ・ベルトラムらがTransmatからリリースを行っている。彼らの一部は後にデトロイト第2世代と呼ばれるようになる。

自身の曲は、シカゴ・ハウスへも大きな影響を与えている。なお、ホアン・アトキンスが当時シカゴでDJをしていたフランキー・ナックルズローランド・TR-909を売ったのがシカゴ・ハウス誕生のきっかけの一つと言われているが、909の売却にはデリック・メイは反対したと言われる。

1993年以降は、活動の殆どをDJ活動に割いている。新曲は、過去の楽曲のRemix版がたまに出る程度である。尚、現時点での完全な新曲は攻殻機動隊のゲーム版サウンドトラックに収録されている楽曲が最後。

最近では、デトロイトで毎年5月末に開催されているエレクトロニック・ミュージックフェスティバル「Movement」にて、2003年に実行委員長を務めるなど、若手ミュージシャンのサポートに回ることが多い。

エピソード[編集]

  • ケビン・サンダーソンと仲良くなったきっかけは喧嘩であった。1983年、饒舌なデリック・メイをよく思っていなかったケビン・サンダーソンが、デリック・メイの顔面にパンチを喰らわせノックアウトした。その出来事で2人は仲良くなり音楽活動をともにするようになった。[1]


ディスコグラフィー[編集]

  • X-Ray: Let's Go, 1986年
  • Rhythim is Rhythim[sic]: Nude Photo, 1987年
  • Rhythim is Rhythim: Strings Of Life, 1987年
  • Rhythim is Rhythim: It Is What It Is, 1988年
  • Rhythim is Rhythim: Beyond The Dance , 1989年
  • Rhythim is Rhythim: The Beginning, 1990年
  • Rhythim is Rhythim: Icon / Kao-tic Harmony, 1993年
  • Derrick May: Innovator, 1996年
  • Derrick May: Mayday Mix, 1997年
  • System7-Derrick May: Mysterious Traveller, 2002年

参考文献[編集]

  1. ^ 「High Tech Soul - The Creation of Techno Music」