デス・トゥ・スムーチー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デス・トゥ・スムーチー
Death to Smoochy
監督 ダニー・デヴィート
脚本 アダム・レズニック
製作 アンドリュー・ラザー
ピーター・マクレガー=スコット
出演者 エドワード・ノートン
ロビン・ウィリアムズ
キャサリン・キーナー
ダニー・デヴィート
音楽 デヴィッド・ニューマン
撮影 アナスタス・ミコス
編集 ジョン・ポール
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年3月29日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
テンプレートを表示

デス・トゥ・スムーチー』(Death to Smoochy)は、2002年に製作されたダニー・デヴィート監督のブラックコメディ。

あらすじ[編集]

子供向け番組の人気スターであるレインボー・ランドルフ(ロビン・ウィリアムズ)は、ある日、賄賂がらみの事件でFBIのおとり捜査に引っかかり、そのスキャンダルが原因で業界から追放されてしまう。番組ディレクターのノラ(キャサリン・キーナー)は急遽代役探しを余儀なくされる。クリーンなイメージを持つキャラクターをと抜擢されたのは、サイの着ぐるみを纏ったスムーチー(エドワード・ノートン)だった。能天気なまでの優しさを持つスムーチーは、たちまち子供たちの人気者となり、視聴率も鰻上りに伸びていった。自分の座と、かつての恋人ノラを奪われたことに腹を立てたレインボーは、密かにスムーチーの暗殺を企てる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]