テディングハウゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen der Gemeinde Thedinghausen.jpg Locator map VER in Germany.svg
基本情報
連邦州: ニーダーザクセン州
郡: フェルデン郡
緯度経度: 北緯52度58分
東経09度01分
標高: 海抜 13 m
面積: 65.77 km²
人口:

7,674人(2013年12月31日現在) [1]

人口密度: 117 人/km²
郵便番号: 27319 - 27321
市外局番: 04204
ナンバープレート: VER
自治体コード: 03 3 61 013
行政庁舎の住所: Braunschweiger Str. 10
27321 Thedinghausen
ウェブサイト: www.thedinghausen.de
首長: ディートヘルム・エーラース (Diethelm Ehlers)
郡内の位置
Thedinghausen in VER.svg

テディングハウゼン (Thedinghausen) は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州フェルデン郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)である。同名のザムトゲマインデに属し、その本部所在地となっている。

地理[編集]

この町の人口は約7,500人、面積は65.77km2である。町の北側はヴェーザー川アヒムとの境をなしている。

集落[編集]

テディングハウゼンには以下の集落が属す: アーゼン=エッツェン、ベッペン、ディッバーゼン、ドンナーシュテット、アイセル、ホルトルフ、ホルシュテット、ルンゼン、モルズム、エーニヒシュッテット、ヴェルダー、ヴルムストルフ。

歴史[編集]

現在の町域にあたる地域の集落は1138年(ヴェルダー)から1534年(ドンナーシュテット)の間に初めて文献に記録されている。テディングハウゼンには13世紀後半に城塞が築かれた(現在の警察署の場所)。城と集落は最終的にホーヤ伯領となるまで何度もその帰属を替えた。最後のホーヤ伯が亡くなった後、ホーヤ伯領はヴェルフェン家のものとなり、その様々な分家(ブラウンシュヴァイク=リューネブルク=ツェレ家、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク=ヴォルフェンビュッテル家、カレンベルク家)に分割された。テディングハウゼンはブラウンシュヴァイク=リューネブルク=ヴォルフェンビュッテル家のものとなった。残りのホーヤ伯領は最終的にハノーファー選帝侯領に再統一されたが、アムト・テディングハウゼンはブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公領、後のブラウンシュヴァイク公領に留まり、最終的にはブラウンシュヴァイク州の一部となった。テディングハウゼンは初めホルツミンデン郡に属し、1850年からはブラウンシュヴァイク州の飛び地として1972年6月30日までブラウンシュヴァイク郡(1946年からはブラウンシュヴァイク管区)に属した。1972年7月1日にニーダーザクセン州の郡域再編によりフェルデン郡に移管された。

2006年11月1日にモルズムが合併し、新たに拡大したテディングハウゼン町が成立した。

行政[編集]

テディングハウゼンの町議会は21議席からなる。町長はディートヘルム・エーラース (CDU) である。

紋章[編集]

テディングハウゼンの紋章は青地に、赤い舌を出した金のブラウンシュヴァイクの獅子。周囲には8つの金の星。上部に金の胸壁状の頂部。

文化と見所[編集]

  • エルプホーフ・テディングハウゼン(城館)
  • 町役場

宗教[編集]

テディングハウゼンには附属墓地を有する2つのプロテスタント教会がある。一つは町の中心部、もう一つはルンゼン地区にある。モルズム地区にはエホバの証人の集会所がある。低地のクヴァルンシュテット(現在のブランケンブルク通り)にはかつてユダヤ人墓地があったが、1941年に売却され、民家が建てられている。

経済と社会資本[編集]

テディングハウゼンの経済は顕著に農業に依存していたが、中産労働者が徐々に存在感を増している。ブレーメンフェルデン (アラー)アヒムといった都市に近いことから多くの住民がこれらの都市へ通勤している。

交通[編集]

道路交通[編集]

テディングハウゼンは道路へのアクセスが良い。ブレーメン、フェルデン、アヒムへは速やかに移動することができる。連邦アウトバーンA1号線、A27号線へのアクセスも良好である。

近郊公共交通機関[編集]

テディングハウゼンにはブレーメン/ニーダーザクセン交通連盟 (VBN) のバスが3系統乗り入れている。702系統 アヒム行き、720系統 モルズムおよびブレンダー経由フェルデン駅バスセンター行き、750系統 ベッペンまたはモルズム発テディングハウゼンおよびリーデ経由ブレーメン中央駅行きである。

鉄道[編集]

ブレーメン - テディングハウゼン鉄道の運行頻度はごくわずかである。この路線は保存路線および貨物路線としてのみ運営されている。この路線の旅客営業が計画されているが、町の外れを通っているだけである。レギオナルバーンの最寄り駅はアヒムとフェルデンにあり、ここからICEの駅であるブレーメン中央駅にアクセスできる。

メディア[編集]

テディングハウゼンには固有の新聞や雑誌はない。ただし、クライスツァイトゥング・ジーケの地方版はテディングホイザー・ツァイトゥングと名付けられている。これはテディングハウゼン向けの地方版であり、ザムトゲマインデ・テディングハウゼン地域のニュースを扱っている。

公共施設[編集]

かつての郡立病院は現在老人養護ホーム(郡立老人ホーム「イン・デア・ビュルゲライ」)として利用されている。最寄りの病院は、アヒムとフェルデンにあるアラー=ヴェーザー病院である。

教育[編集]

テディングハウゼンには、ニルス・ホルガーソン基礎課程学校、基礎課程・本課程学校のグーデヴィル学校教育センターがある。また、モルズム地区にも基礎課程学校がある。これより上級の学校はアヒム、フェルデン、ジーケへ通うことになる。

参考文献[編集]

  • Fritz Garvens: Samtgemeinde Thedinghausen. Hrsg.: Heimatverein der Samtgemeinde Thedinghausen e. V., Heimatverein, Thedinghausen 1998; ISBN 3-931699-03-X
  • Fritz Garvens: Geschichten aus alter und neuer Zeit. Hrsg.: Heimatverein der Samtgemeinde Thedinghausen e. V., Heimatverein, Thedinghausen 1999; ISBN 3-931699-03-X
  • Fritz Garvens: Kriegsende und Nachkriegszeit in unserer Zeit. Hrsg.: Heimatverein der Samtgemeinde Thedinghausen e. V. Heimatverein, Thedinghausen 2000; ISBN 3-931699-05-6
  • Fritz Garvens: Der Erbhof in Thedinghausen. Hrsg.: Heimatverein der Samtgemeinde Thedinghausen, Heimatverein, Thedinghausen 2001; ISBN 3-931699-06-4
  • Anke Quast: Thedinghausen. In: Herbert Obenaus (Hrsg. in Zusammenarbeit mit David Bankier und Daniel Fraenkel): Historisches Handbuch der jüdischen Gemeinden in Niedersachsen und Bremen. Band 1 und 2 (1668 S.), Göttingen 2005, pp. 1470-1474; ISBN 3-89244-753-5

引用[編集]