テストステロン-17β-デヒドロゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テストステロン-17β-デヒドロゲナーゼ
識別子
EC番号 1.1.1.63
CAS登録番号 9028-62-0
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

テストステロン-17β-デヒドロゲナーゼ(testosterone 17-beta-dehydrogenase)は、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

テストステロン + NAD+ \rightleftharpoons アンドロスタ-4-エン-3,17-ジオン + NADH + H+

反応式の通り、この酵素の基質テストステロンNAD+、生成物はアンドロスタ-4-エン-3,17-ジオンNADHとH+である。

組織名は17β-hydroxysteroid:NAD+ 17-oxidoreductaseで、別名に17-ketoreductase, 17β-HSDがある。

参考文献[編集]

  • ENDAHL GL, KOCHAKIAN CD, HAMM D (1960). “Separation of a triphosphopyridine nucleotide-specific from a diphosphopyridine nucleotide-specific 17 beta-hydroxy-(testosterone) dehydrogenase of guinea pig liver”. J. Biol. Chem. 235: 2792–6. PMID 13696735. 
  • SWEAT ML, SAMUELS LT, LUMRY R (1950). “Preparation and characterization of the enzyme which converts testosterone to androstenedione”. J. Biol. Chem. 185: 75–84. PMID 15436478. 
  • Villee CA and Spencer JM (1960). “Some properties of the pyridine nucleotide-specific 17beta-hydroxy steroid dehydrogenase of guinea pig liver”. J. Biol. Chem. 235: 3615–3619.