チルハンア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チルハンア吉爾杭阿、? - 1856年6月1日)、字は雨山朝の官僚。

満州鑲黄旗人。奇特拉氏。1853年、江蘇按察使となる。当時の江蘇省南京鎮江太平天国が占領し、上海小刀会が占領している状態であった。巡撫許乃釗はチルハンアに上海の攻略を命じた。

劉麗川の指導する小刀会は1853年に上海県城を奪取し、周辺の宝山嘉定青浦南匯川沙を占領していた。チルハンアが到着すると清軍は青浦・嘉定を奪回した。翌年夏までに5城すべてを回復し、上海を包囲した。上海の包囲中に、布政使、さらに巡撫に抜擢された。1855年、フランス軍の応援を得て県城を破り、劉麗川を戦死させて小刀会の蜂起を平定した。

同年、南京を包囲している欽差大臣向栄の応援を命じられ、鎮江と南京の中間にある高資に駐屯し、太平天国の食糧補給路を遮断する構えを見せた。しかし翌年の6月に太平天国の大軍に包囲され戦死した。

出典[編集]

先代:
許乃釗
江蘇巡撫
1854-1856
次代:
趙徳轍