チャーマ・ラージャ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チャーマ・ラージャ2世(Chama Raja II, 1463年 - 1513年)は、南インドカルナータカ地方マイソール王国の君主(在位:1478年 - 1513年)。

生涯[編集]

1478年、父ティンマ・ラージャ1世が死亡したことにより、チャーマ・ラージャ2世が王位を継承した[1]

主家であるヴィジャヤナガル王国では混乱が絶えず、1486年サールヴァ・ナラシンハ・デーヴァ・ラーヤが王に推挙され、サンガマ朝からサールヴァ朝に王朝が交代した。

だが、1505年にはサールヴァ朝からトゥルヴァ朝に交代し、簒奪したヴィーラ・ナラシンハ・ラーヤ1509年に死亡し、その弟のクリシュナ・デーヴァ・ラーヤがヴィジャヤナガル王となった。

1513年、チャーマ・ラージャ2世は死亡し、息子のチャーマ・ラージャ3世が王位を継承した[2]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Mysore 2
  2. ^ Mysore 2

関連項目[編集]