チャーマ・ラージャ3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チャーマ・ラージャ3世英語:Chama Raja III, 1492年9月29日 - 1553年2月17日)は、南インドカルナータカ地方マイソール王国の君主(在位:1513年 - 1553年)。

生涯[編集]

1513年、父チャーマ・ラージャ2世が死亡したため、チャーマ・ラージャ3世が王位を継承した[1]

チャーマ・ラージャ3世の治世は40年にも及び、その間に首都マイソールには城塞が建設された。また、彼はヴィジャヤナガル王国の君主クリシュナ・デーヴァ・ラーヤに自身の娘を嫁がせ[2]1520年ライチュールの戦いにも参加している。

1553年2月17日、チャーマ・ラージャ3世は死亡し、息子のティンマ・ラージャ2世が王位を継承した[3]

脚注[編集]

  1. ^ Mysore 2
  2. ^ パイス、p248
  3. ^ Mysore 2

参考文献[編集]

パイス、ヌーネス著 『ヴィジャヤナガル王国誌 大航海時代叢書(第Ⅱ期)』 岩波書店、1984年

関連項目[編集]