チャーマ・ラージャ11世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャーマ・ラージャ11世
Chama Raja XI
マイソール藩王
Court portrait of Jayachamarajendra Wadiyar of Mysore.jpg
チャーマ・ラージャ11世
在位 1940年 - 1947年
戴冠 1940年8月29日
別号 マハーラージャ
全名 ジャヤ・チャーマ・ラージェーンドラ
出生 1919年7月8日
マイソールマイソール宮殿
死去 1974年9月23日
バンガロールバンガロール宮殿
子女 1人の息子と5人の娘
王朝 オデヤ朝
父親 カンティーラヴァ・ナラシンハ・ラージャ
クリシュナ・ラージャ4世(養父)
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

チャーマ・ラージャ11世カンナダ語:ಜಯಚಾಮರಾಜ ಒಡೆಯರ್, Chama Raja XI, 1919年7月8日 - 1974年9月23日)は、南インドカルナータカ地方マイソール藩王国の君主(在位:1940年 - 1947年)。ジャヤ・チャーマ・ラージェーンドラ(Jaya Chama Rajendra)の名でも知られる。

生涯[編集]

1940年3月11日、父でありマイソール藩王国王太子であったカンティーラヴァ・ナラシンハ・ラージャが死亡し、叔父で藩王クリシュナ・ラージャ4世の養子となって王太子となった[1]

同年8月3日、クリシュナ・ラージャ4世も後を追うように死亡し、チャーマ・ラージャがチャーマ・ラージャ11世が藩王位を継承した[2]

1947年8月15日インド・パキスタン分離独立時、マイソール藩王国はインドへと帰属することとなった[3]。これにより、実に500年に及ぶ歴史を持つマイソールの王朝は終わりを告げた。

とはいえ、実際に藩王国が併合され、チャーマ・ラージャ11世がその主権を失ったのは1950年1月26日のことである[4]。併合後、同州を中心とした地域はマイソール州となり、彼は同州の藩王知事(ラージ・プラムク)に任命され、1956年10月31日までその地位にあった[5]

藩王知事が廃止されたのち、同年11月1日から1964年5月3日まではマイソール州知事、5月4日から1966年6月25日まではマドラス州知事であった[6]

知事退任後、1974年9月23日にチャーマ・ラージャ11世はバンガロールバンガロール宮殿で死亡した[7]

ギャラリー[編集]

チャーマ・ラージャ11世 
チャーマ・ラージャ11世と祖母 
チャーマ・ラージャ11世と妃 
チャーマ・ラージャ11世とサルダール・パテール 
チャーマ・ラージャ11世とイギリス女王エリザベス2世 
チャーマ・ラージャ11世像(ラール・バーグ) 
 

出典・脚注[編集]

  1. ^ Mysore 5
  2. ^ Mysore 5
  3. ^ Mysore 5
  4. ^ Mysore 5
  5. ^ Mysore 5
  6. ^ Mysore 5
  7. ^ Mysore 5

関連項目[編集]