チャタム島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 南緯43度53分54秒 西経176度31分44秒 / 南緯43.89833度 西経176.52889度 / -43.89833; -176.52889

チャタム島(チャタムとう、: Chatham Island、Rekohu、Wharekauri)とは、ニュージーランド南島の東海岸沖約1,000kmにある南太平洋上の島である。チャタム諸島に属し、諸島内で最も大きい島である。

なお、マオリ族による「Wharekauri」、モリオリ人による「Rekohu」という2つの別の名前がある(意味は「misty sunlight=霧がかった日光」)。

概要[編集]

観光の宣伝目的で表現される「赤道南極のちょうど真ん中、かつ日付変更線の右」という表現は正確ではないが、感覚的には十分それに近い。

面積は約900平方キロメートル。

島名は1791年、ヨーロッパ人として最初にこの島を訪れたウィリアム・ロバート・ブロートンにより、乗艦チャタム号英語版にちなんで名づけられた。

島の最大の集落はワイタンギであり、これは同諸島最大の集落でもある。

チャタム諸島の衛星写真。中央の最大の島がチャタム島。

地形[編集]

千葉県に似た形をしたこの島の地形は、島の左右にある2つの湾と、大きなラグーンという3つの特徴によって特色付けられている。

チャタム島の西海岸はその半分以上が深く入り組んだペトレ湾 (Petre Bay) が占めている。なお、ペトレ湾の南端にある小さな入り江はワイタンギ湾といい、これに面してワイタンギの集落がある。また、東海岸は大きいが単調なハンソン湾 (Hanson Bay) が占めており、その全長は35キロメートルもある。

この島の2つの湾の幅は10キロメートルであるが、陸地の幅はこれよりはるかに狭い。この幅のほとんどは大きなテ・ワンガ・ラグーン (Te Whanga Lagoon) である(右の写真の、島のくびれた部分にある黒っぽい円形がラグーンで、陸地はその両側の残りの部分しかない)。このラグーンは、ハンソン湾の南半分が分断されて形成されたもので、総面積は180平方キロメートルもある。島の南端にある丘から流れ出る小さな川もこのラグーンに注いでいる。

同島をモデルとした小説[編集]

ジュール・ベルヌの『十五少年漂流記[1]で少年達が漂着した無人島は、チャタム島をモデルにしたという説があるが、『二年間の休暇』(岩波少年文庫)の訳者解説で私市保彦はこの可能性を否定している。なお、同じ作者による『征服者ロビュール』フランス語版[2]15章-17章にこの島はすでに登場している。

[編集]

  1. ^ Wikisource reference Jules Verne. Deux Ans de vacances. - ウィキソース. 
  2. ^ Wikisource reference Jules Verne. Robur le conquérant. - ウィキソース. 

関連項目[編集]