モリオリ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モリオリ人ニュージーランドの東に位置する列島チャタム諸島(モリオリ語ではRekohu)の先住民である。

起源[編集]

モリオリ人は太平洋ポリネシア人とは異なる文化を有している。だが、かつては赤道付近のポリネシアの島々から直接チャタム諸島に移住してきたと考えられていた。現在ではニュージーランドの南島南部から1500年ごろに移住してきたマオリ人が起源であるという考えが主流となっている。この説の根拠としては、モリオリ語が南島のナイ・タフ部族の話すマオリの方言と類似していること、等が上げられる。

厳しい気候への適応[編集]

チャタム諸島の環境は寒く過酷であり、かろうじて移住者を養えるほどのものでしかなかった。チャタムの環境はポリネシアで知られている農業には不適切であり、モリオリ人は狩猟採集社会を採用した。

小さく不安定な人口のため、モリオリ人は平和主義文化を採用し争いごとを厳しく避け、代わりに儀式的な戦いと調停を行うようになった。

1835年のタラナキからの侵略[編集]

1835年、ニュージーランド北島タラナキ地方のマオリ人が、ヨーロッパ人の船を借り、チャタムに現れた。彼らはモリオリ人の虐殺食人を行い、生存者も奴隷化された。平和主義者のモリオリ人は戦いを拒否してやってきたマオリ人に従った、彼らはやってきた侵略者といつものように争いごとを解決しようとしたため簡単に征服された。

一般にはマオリ人の侵略者がモリオリ人を全滅させたと考えられているが、誤りである。だが最後の純血のモリオリ人トミー・ソロモンが1933年に死に、今日では1000人ほどのモリオリ人の子孫が生存するのみである。

文化の復興[編集]

近年、モリオリ人の文化・アイデンティティーが高まっており、何人かのモリオリ人の子孫はニュージーランド政府ワイタンギ審判所に対し権利を主張、1840年からのマオリ人による土地収奪に対する保障を要求している。

関連項目[編集]