チェバルクリ湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェバルクリ湖
озеро Чебаркуль

チェバルクリ湖

チェバルクリ湖の位置(チェリャビンスク州内)
チェバルクリ湖
チェバルクリ湖
チェバルクリ湖の位置(チェリャビンスク州)
所在地 ロシアの旗 ロシア チェリャビンスク州
位置 北緯54度57分36秒 東経60度19分48秒 / 北緯54.96000度 東経60.33000度 / 54.96000; 60.33000座標: 北緯54度57分36秒 東経60度19分48秒 / 北緯54.96000度 東経60.33000度 / 54.96000; 60.33000
流入河川 Elovka River
流出河川 Koelga River, a small tributary of the Tobol[1]
集水域面積 169 km²[1]
面積 19.8[1] km2
最大水深 12 m
貯水量 0.154 km3
水面の標高 320[2][3] m
凍結 11月から4月まで
7
沿岸自治体 チェバルクリ英語版
テンプレートを表示

チェバルクリ湖(チェバルクリこ、ロシア語: озеро Чебаркуль)は、ロシア チェリャビンスク州 北緯54度57分36秒 東経60度19分48秒 / 北緯54.96000度 東経60.33000度 / 54.96000; 60.33000に位置するである。表面積は19.8 平方キロメートル。11月から4月までは氷に閉ざされる。チェバルクリ英語版の街が岸辺に位置する。

隕石落下[編集]

2013年2月15日ロシア チェリャビンスク州に推定約10トン隕石が落下した。隕石の大部分は蒸発したが、一部はチェバルクリ湖に落下したとみられ[4]、湖に張った氷に隕石落下によるとみられる直径6メートルの穴が見つかった。[5]湖の底は泥で厚く覆われており、穴の中から隕石を回収することは断念されたが、周辺の氷上に散らばっていた岩片が隕石の破片であることが確認された。隕石の名前は当初この湖にちなんでチェバルクリ隕石と呼ばれていたが、より広範囲で破片が発見されたことからチェリャビンスク隕石として命名申請される予定である[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Lake Chebarkul” (Russian). State Water Register. 2013年2月17日閲覧。
  2. ^ Official site of Chebarkul. Retrieved February 17, 2013. In Russian.
  3. ^ Cherbarkul (Lake) - an article in the Great Soviet Encyclopedia. (In Russian, retrieved 2013-02-17.)
  4. ^ Hunderte Verletzte und Schäden bei Meteoritenregen in Russland”. Swisscom. 2013年2月15日閲覧。
  5. ^ 推定10トンの隕石か 直径6メートルの落下跡 700人以上手当て - MSN産経ニュース(2013年2月15日)、2013年2月16日閲覧。
  6. ^ 46億年前に形成 他天体と衝突した形跡も 名前は「チェリャビンスク隕石」に、msn産経ニュース、(2013年3月18日)2013年3月21日閲覧。