ダービーの眺望

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『ダービーの眺望』
作者 不明
制作年 1725年頃
寸法 64 cm × 126 cm (25 in × 50 in)
所蔵 ダービー博物館・美術館イングランドダービー

ダービーの眺望』(ダービーのちょうぼう、: A Prospect of Derby)は、18世紀初期のダービーの街並みを描いた、1725年頃の作者不詳の絵[1]

描写[編集]

左手に、ボロー家の邸宅でありカッスルフィールドと呼ばれた家がある。ボロー家のアイザック、トーマス、アンの肖像画がそれぞれダービー博物館・美術館にある。左手中央にはエクセター・ハウス英語版がある。この建物はもう無くなっているが、チャールズ・エドワード・ステュアートがロンドンへ王冠を奪いに行くのを諦め、配下のスコットランド兵たちと共に帰郷する決心をした場所として有名になった。右手の大きな建物はダーウェント川英語版の水力で稼動する工場である[2]。うち一つは今では取り壊されてしまったが、右側の工場は現在世界遺産の一部としてダービー産業博物館になっている。

この絵は、(2011年時点で)ダービー博物館のハンソンの丸木舟英語版の部屋で展示されている[1]

由来[編集]

この絵は、ダービー博物館・美術館サザビーズを通じて2006年にヨーロッパのあるコレクターから購入した[1][3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Derby Museum purchases new painting of Silk Mill” (英語). Derwent Valley Mills - World Heritage Site (2006年3月16日). 2011年8月13日閲覧。
  2. ^ ダービー博物館の展示ラベルより。(2011年7月)
  3. ^ A Prospect of the City of Derby” (英語). ArtFund. 2011年8月12日閲覧。