ジョージ・ターナー (画家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・ターナー
George Turner
生誕 1841年4月2日
イングランドの旗 イングランド クロムフォード英語版
死去 1910年3月29日(満68歳没)
国籍 イギリスの旗 イギリス
分野 風景画家
テンプレートを表示

ジョージ・ターナー: George Turner、1841年4月2日 - 1910年3月29日)はイングランド風景画家、農場経営者。「ダービーシャージョン・コンスタブル」とも呼ばれた。

生涯と作品[編集]

ターナーはイングランドのダービーシャーにあるクロムフォード英語版で生まれ、のち家族と共にダービーへ移った。彼には若い時から音楽と絵の才能を発揮した。それは仕立屋でありながら絵画に強く惹かれていた父トーマス・ターナーの励ましがあってのことだった。ターナーは専ら独学を続けて職業画家および絵画教師となった。

ダービーシャーの静かな風景(1885年)

ターナーは終生ダービーシャーに住み続けた。1865年に彼はエリザ・レイキン(1837-1900)と結婚し、バロウ・アポン・トレント英語版のウォルナット農場で時折農場経営者として働きながら4人の子を育てた[1]。1900年にエリザが没すると、彼はカーク・アイルトン英語版へ移り住み、のち絵画仲間だったケイト・スチーブンス・スミス(1871-1964)と結婚した。彼らはアドリッジヘイ英語版に居を構え、ターナーは1910年にそこで没した。息子のウィリアム・レイキン・ターナー英語版(1867-1929)もまた声望のある油絵の風景画家となった[2]

ターナーは油彩で主に彼の出身地であるダービーシャーの田園風景を描いた。その何百枚という絵は、機械化・自動車化・都市化が訪れる前のイングランドの田舎の情景を写した貴重な遺産である。彼の作品はノッティンガムバーミンガムで展示された。彼はダービー美術館で芸術部門の委員を務め、彼と息子の作品[2]はダービーの所蔵になっている[3]

注釈[編集]

  1. ^ ジョージとエリザの子は次の 4 人である。マリー・ターナー(1868-1937年、姓はのちチェンバレン、さらにウーア)、フローレンス・パーマー・ターナー(1869-1955)、ウィリアム・レイキン・ターナー(1867-1929)、パーシー・リード・ターナー(1871-1936)。
  2. ^ a b People in Levens” (英語). Levens History Group. 2011年5月22日閲覧。
  3. ^ George Turner”. Burlington Art. 2011年5月22日閲覧。

関連文献[編集]

  • Long, Frederick J. George Turner the Derbyshire Artist, 1841-1910 (1995)

外部リンク[編集]