ジョセフ・ピックフォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョセフ・ピックフォードの子供たち。(ジョセフ・ライト画)

ジョセフ・ピックフォード: Joseph Pickford、1734年 - 1782年[1])はイングランド建築家ジョージ3世の時代に地方で活動した著名な建築家の一人である。

生涯[編集]

ピックフォードは1734年にウォリックシャーで生まれたが、父の死後、幼少のうちにロンドンへ移り住んだ。石工かつ彫刻家でハイド・パークに事務所を構えるおじのジョセフ・ピックフォードの下で最初の修行を積んだ。ピックフォードは約10年間おじと共に働き、まず石工として、次いで建築家として修行した[2]。ピックフォードは一時、ロンドンとダービーの両方に事務所を構えた。彼は1760年頃ダービーに移り住み、フォアマーク・ホール英語版を建てたウォリックの建築家デイヴィッド・ハイオンの代理人となった[2]。そしてウェンマン・コーク英語版の筆頭代理人だったトーマス・ウィルキンスの娘メアリーと結婚した[2]。コークが住むダービーシャーのロングフォード・ホール英語版は1762年頃、ピックフォードによって改修されている。フライアー・ゲート41番地に彼が自分自身のために設計した家は、現在ピックフォードハウス博物館となり、グレード I のリステッド・ビルディング英語版(文化財に指定された建造物)となっている。2006年4月以降、建物は予約したグループのみが見学できるようになった[3]

ピックフォードはイングランドのミッドランド英語版各州で広く仕事を手がけたが、町や田園の家をパラディオ様式英語版で設計することが多かった。彼の友人や顧客にはルナー・ソサエティの会員が多くいた。具体的には、陶器職人のジョサイア・ウェッジウッド、画家のジョセフ・ライト、発明家のマシュー・ボールトンジョン・ホワイトハーストが挙げられる。

主な建築物[編集]

  • サン・ヘレンズ・ハウス英語版 - ダービーシャー、ダービー、キング・ストリート。ジョン・ギズボーンのため1766年-1767年に建築。
  • ハムズ・ホール - ウォリックシャー、コールズヒル。CB アダリーのため1768年に建築。現存せず。
  • エトルリア・ホール英語版 - スタッフォードシャー、ストーク・オン・トレント。ジョサイア・ウェッジウッドのため1768年-1770年に建築。現在ホテルの一部として残る。
  • サン・メアリーズ教会 - ウェスト・ミッドランズ、バーミンガム。現存せず。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Joseph Pickford” (英語). Oxford Dictionary of National Biography. Oxford University Press. 2011年7月3日閲覧。
  2. ^ a b c Edward Saunders (1984). “The Villas and Town Houses of Joseph Pickford of Derby (1736-82)”. Architectural History (SAHGB Publications Limited) 27 (Design and Practice in British Architecture: Studies in Architectural History Presented to Howard Colvin): 308-319. JSTOR 1568473. 
  3. ^ Protesters opposing museum cuts” (英語). BBC (2006年1月21日). 2010年7月3日閲覧。

参考文献[編集]

  • Edward Saunders (1993). Joseph Pickford of Derby; a Georgian Architect. Alan Sutton.