ウィリアム・ドゥーズベリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・ドゥーズベリ
ウィリアム・ドゥーズベリ(18世紀)のシルエット
生誕 ウィリアム・ドゥーズベリ
1725年9月7日
イングランドスタッフォードシャー・ロングトンホール
死没 1786年10月30日(61歳)[1]
ダービー
国籍 イギリスの旗 イギリス
民族 コーカソイド
市民権 イギリス
職業 琺瑯起業家
配偶者 サラ・ジェームズ
子供 ウィリアム・ドゥーズベリ2世

ウィリアム・ドゥーズベリ: William Duesbury1725年 - 1786年)は、18世紀の有名な琺瑯職人、イギリスの起業家。ロイヤルクラウンダービーの創始者であり、ボウ英語版チェルシー, ダービー、ロングトン・ホールで磁器工房を所有していた[2]

生涯[編集]

1780年製作のブリタニア像。ダービー博物館所蔵。

ドゥーズベリは1725年9月7日に生まれた[2]。1742年頃、彼はロンドンで琺瑯職人として働いており、そこに1753年まで留まった。その後、1754年-1755年の間、彼の父が住むロントン・ホールに居住し、そこで働いた。1756年には資金が溜まり、腕の立つ磁器職人たちとその製品を手に入れた上で、ダービーのノッティンガム・ロードに磁器工房を開く決心をした。この事業に関して、彼は地元の銀行家ジョン・ヒースとクリストファー・ヒースから出資を受け、またダービーに住んでいた陶芸家アンドリュー・プランシェの高い技能にも助けられた。

1775年、ドゥーズベリとジョン・ヒースはジョージ3世から、製品の工房印に王冠を含ませるという御用達の栄誉を受けた。ドゥーズベリの "D" は現在、王冠と共に「国王陛下御用達のダービー磁器工房」の印として記されている[3]

ヒースたちが破産した後、事業はドゥーズベリが引き継いだ。彼は1786年に没し、息子のウィリアム・ドゥーズベリ2世が跡を継いだ[4]

脚注[編集]

  1. ^ Campbell, Gordon (2006), The Grove encyclopedia of decorative arts, New York: Gordon Campbell, pp. 334, http://books.google.com.br/books?id=jGsVHV098K0C&pg=PA334&lpg=PA334&dq=andr%C3%A9+Planch%C3%A8&source=bl&ots=kQFVy3dUFU&sig=5UwdcXgt7H6dOXd15iaqqKpQLf4&hl=pt-BR&ei=o9H8TfPxGuXj0QHeha3KAw&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=9&ved=0CGIQ6AEwCA#v=onepage&q&f=false 
  2. ^ a b William Page, ed. (1911), “Pottery: Chelsea porcelain” (英語), A History of the County of Middlesex, 2: General; Ashford, East Bedfont with Hatton, Feltham, Hampton with Hampton Wick, Hanworth, Laleham, Littleton, pp. 150-155, http://www.british-history.ac.uk/report.aspx?compid=22167 2011年7月31日閲覧。 
  3. ^ History of Royal Crown Porcelain Company” (英語). History of UK Potters and Potteries 1900-2010. 2010年7月31日閲覧。
  4. ^ Royal Crown Derby” (英語). Antique Marks. 2011年7月31日閲覧。