ダニロ・ペトロヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モンテネグロ王太子ダニロ

ダニロ・アレクサンダル・ペトロヴィチセルビア語: Данило Александар Петровић1871年6月29日 ツェティニェ - 1939年9月24日 ウィーン)は、モンテネグロ王国の王位継承者。王国滅亡後の1921年に7日間だけ名目上のモンテネグロ王を称した。

概要[編集]

モンテネグロ王ニコラ1世とその王妃ミレナ・ヴコティッチの長男として生まれた。1899年7月27日、ドイツのメクレンブルク=シュトレーリッツ大公アドルフ・フリードリヒ5世の娘ユッタと結婚した。正教に改宗してミリツァと名乗った妻との間に子供は無かった。ダニロはバルカン戦争第1次世界大戦では父王らと一緒にモンテネグロ軍を率いて戦った。

モンテネグロがセルビア王国に併合された後、1921年3月1日に父ニコラ1世が死ぬと、ダニロがモンテネグロ亡命政権の指導者となり、モンテネグロ王の称号を名乗った。しかし6日後の3月7日、理由は判然としないが、ダニロは名目上の王位とモンテネグロ王家家長の地位を弟ミルコの息子で世継ぎとされていたミハイロに譲った。ダニロは3月5日に王位の放棄を宣言した後、翌日には復位し、さらにその翌日に再び王位放棄するという意志の弱さを見せ、彼に対する信望は大きく傷つけられた。元王太子の譲位宣言は、モンテネグロ人亡命社会に深い失望感を与えた。

ダニロは1934年、MGM社が映画「メリー・ウィドウ」の中で、自分を事実とは違う形で描いたとして告訴し、パリの法廷で勝訴して4000ドルの賠償金を手にした。1939年、アンシュルス直後のウィーンで死去した。

先代:
ニコラ1世
〈名目上〉モンテネグロ王
ペトロヴィチ=ニェゴシュ家家長

1921年
次代:
ミハイロ