モンテネグロ公国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モンテネグロ公国
Књажевина Црнa Горa
オスマン帝国 1852 - 1910 モンテネグロ王国
モンテネグロの国旗 モンテネグロの国章
国旗 国章
モンテネグロの位置
公用語 モンテネグロ語
首都 ツェティニェ
1852年 - 1860年 ダニロ2世
1860年 - 1910年 ニコラ1世
変遷
成立 1852年
独立 1878年
王制へ移行 1910年

モンテネグロ公国(モンテネグロこうこく、キリル文字Књажевина Црнa Горa)は、1852年から1910年の間、バルカン半島の現在のモンテネグロに存在した公国である。

歴史[編集]

中世以降、モンテネグロの地はツェティニェ主教公vladika)が治める神政政治の土地として運営されてきた。モンテネグロはオスマン帝国の強い影響下にあったが、自治権を保持して独自の文化を育んだ。

1851年に主教公となったダニーロ1世英語版は、1852年にモンテネグロ公を自称し、自らの領地を世俗的な公国へと転換した。しかし、これを好ましく思わなかった宗主国のオスマン帝国と対立が生じ、1852年には軍事衝突が発生するに至った。

1860年にダニーロ1世が暗殺されると、ニコラ1世が後継者として即位し、オスマン帝国を相手に本格的な独立戦争を開始する。圧倒的な戦力差に苦戦を強いられたが、1876年セルビア公国ロシア帝国の支援のもと、オスマン帝国を打ち破り(モンテネグロ・オスマン戦争英語版)、ベルリン会議によって完全な独立国として認められた。

手前がニコラ1世夫妻

1905年の憲法制定にともない、ニコラ1世の君主号の格式は(主教公)から国王に格上げされた。1910年には正式にモンテネグロ王国へ移行した。

関連項目[編集]