ダニエル・ディアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニエル・ディアス Football pictogram.svg
Daniel Alberto Díaz, alias El "Cata" Díaz.jpg
名前
本名 ダニエル・アルベルト・ディアス
愛称 カタ
ラテン文字 Daniel Díaz
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
イタリアの旗 イタリア
生年月日 1979年3月13日(35歳)
出身地 サン・フェルナンド・デ・カタマルカ
身長 182cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ
ポジション DF
利き足 右足
代表歴2
2003-2009 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 12 (1)
2. 2011年6月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダニエル・アルベルト・ディアスDaniel Alberto Díaz1979年3月13日 - )は、アルゼンチンカタマルカ州サン・フェルナンド・デ・カタマルカ出身のサッカー選手。ポジションはDFプリメーラ・ディビシオンボカ・ジュニアーズに所属。

愛称の「カタ」は出身がカタマルカであることに由来している。

略歴[編集]

地元カタマルカのクラブからロサリオ・セントラルに引き抜かれ2000年にデビューを飾る。2003年にはメキシコのクルス・アスルへと移籍するが、コロン・デ・サンタフェ監督だったアルフィオ・バシーレからのラブコールに応えるため1シーズンで退団。そのコロンでの活躍が認められ、ボカ・ジュニアーズCAリーベル・プレートからオファーを受けるが、バシーレが新監督として就任したボカへの移籍を即決する。バシーレが去った後もボカ不動のセンターバックとして活躍。2007年7月4日、リーガ・エスパニョーラヘタフェCFへ移籍し、ディフェンス陣の要として不動の地位を築いた。2010-11シーズンのヘタフェCFは37節を終えて16位と低迷していたが、最終節のレアル・ソシエダ戦(1-1)では先制点を挙げ、降格したデポルティーボ・ラ・コルーニャと勝ち点1差での残留に貢献した[1]。2012年6月15日、アトレティコ・マドリードへの移籍が決定した。

アルゼンチン代表経験は少ないが、アルゼンチン代表元監督のバシーレとの関係は深い。ディエゴ・マラドーナ監督の下でも招集されている。2009年6月6日ワールドカップ予選コロンビア戦で代表初ゴール。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ
スペインの旗 アトレティコ・マドリード

脚注[編集]

  1. ^ 「最も有利な13位マジョルカ、他力本願で辛くも残留へ」 footballista、ソルメディア、2011年6月1日号、22頁