ダイ・バーノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダイ・バーノン(右)とラリー・ジェニングス(左)(1989年

ダイ・バーノンDai Vernon, 1894年6月11日 - 1992年8月21日, 本名:David Frederick Wingfield Verner)は、カナダオタワ生まれのマジシャン。後にアメリカへ移住し、ニューヨークなどで活躍。紙切り芸人なども経験した。

1900年代の近代マジックに大きな功績を残したマジシャンの一人。 数々の独自な理論や技術、マジックを発表し、一時代を築いた。有名な理論・概念としては「Be natural, Be yourself」など多数。その理論は「バーノン・タッチ」と呼ばれる。 若いころ、脱出王ハリー・フーディーニにマジックを披露するなど、多くのマジシャンと交流があった。ニューヨークを中心に活躍していたマジシャンとは特に交流が深く(クリフ・グリーンら)、グループを形成していた時期もある。

本人による著書は少ないが、彼の理論を分析・解説した書物、ビデオ、DVD、冊子は数多く存在する。

「カップ・アンド・ボール」といった古典マジックから「リング・シンフォニー」等のステージマジックコインカードクロースアップ・マジックメンタルマジックの分野でも活躍した。 多くは古典の改良などで作品を残したが、まったく新しい原理の開発でも活躍した。

バーノンの手にかかったマジックは、バーノン・タッチと呼ばれる独特な雰囲気を帯びる。誰の手でも演じられるように構成された作品が多い。

膨大な知識量から「プロフェッサー」の尊称で呼ばれ、世界中のマジシャンから親しまれた。マイケル・スキナーラリー・ジェニングスといった弟子を残す。 インタビューで「3歳からマジックを始めた。0歳からの3年間が惜しい」(5歳という説もある)と答えたという逸話がある。

なお、息子もマジシャンである。

1969年テンヨーの招きで初来日。沢浩を絶賛。

関連書籍[編集]

  • Secrets(20$ Manuscript)(1930年頃)
  • Dai Vernon's Select Secrets(1941)
  • The First California Lecture(1947)
  • The Dai Vernon Book of Magic(1956)
  • Dai Vernon Cups and Balls Routine(1958)
  • Dai Vernon's Symphony of the Rings(1958)
  • Dai Vernon's Inner Secrets of Card Magic(1959)
  • Dai Vernon's More Inner Secrets of Card Magic
  • Dai Vernon's Further Inner Secrets of Card Magic
  • Ultimate Card Secrets
  • Early Vernon(1962)
  • The Lost Inner Secrets(1987)
  • The More Lost Inner Secrets
  • The Further Lost Inner Secrets
  • The Fooled Houdini:Dai Vernon a Magical Life
  • The Vernon Touch