ソロモンオウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソロモンオウム
Hana2.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: オウム目 Psittaciformes
: オウム科 Cacatuidae
: オウム属 Cacatua
: ソロモンオウム C. ducorpsii
学名
Cacatua ducorpsii
(Pucheran, 1853)
シノニム

Cacatua tanimberensis
Roselaar & Prins, 2000
Lophochroa goffini Finsch, 1863[1]

英名
Solomons Cockatoo

ソロモンオウム(Cacatua ducorpsii)は、ソロモン諸島オウム固有種である。小さな白いオウムで、Tanimbar Corellaよりは大きいが、タイハクオウムよりも小さい。南部のマキラ島を除くソロモン諸島の全域に分布する。低地の熱帯雨林二次林、造成地、庭等に棲息する。

概要[編集]

体長は30cmになり、体の大部分は白色である。目の周りは青く、薄い色の反ったくちばしを持つ。

繁殖[編集]

ソロモンオウムの巣は木の洞の中にある。卵は白色で、通常2個ある。卵は25日程度で孵化し、孵化の約62日後には、雛は巣を出る[2]

出典[編集]

  1. ^ Roselaar, C.S.; J.P. Michels. “Nomenclatural chaos untangled, resulting in the naming of the formally undescribed Cacatua species from the Tanimbar Islands, Indonesia (Psittaciformes: Cacatuidae)”. Systematic notes on Asian birds 48. http://www.repository.naturalis.nl/document/43942. 
  2. ^ Alderton , David (2003). The Ultimate Encyclopedia of Caged and Aviary Birds. London, England: Hermes House. p. 205. ISBN 184309164X. 

外部リンク[編集]