ゼアチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゼアチン
識別情報
CAS登録番号 1637-39-4
PubChem 449093
特性
化学式 C10H13N5O
モル質量 219.24312
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ゼアチン(Zeatin)は、プリンアデニンから誘導された植物ホルモンである。植物の成長を促進するサイトカイニンの一つである。未成熟なトウモロコシ種子から初めて発見された。ゼアチンとその誘導体はココナッツミルク中の重要な活性成分であり、長くから植物の成長を誘導することが知られていた[1]

キネチンの場合ように、ゼアチンにはくつかのin vitro条件において、ヒトの皮膚線維芽細胞に対し老化防止作用があることが報告されている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ David W. S. Mok, Machteld C. Mok (1994). Cytokinins: Chemistry, Activity, and Function. CRC Press. p. 8. ISBN 0849362520.  (available from Google books)
  2. ^ Rattan, S.I.S. and Sodagam, L. (2005). “Gerontomodulatory and youth-preserving effects of zeatin on human skin fibroblasts undergoing aging in vitro”. Rejuvenation Research 8: 46–57. doi:10.1089/rej.2005.8.46. 

外部リンク[編集]