センノウ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
センノウ属
Lychnis gracillima
センジュガンピ Lychnis gracillima
(2010年8月20日、福島県飯豊山)
分類APG III
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ナデシコ亜綱 Caryophyllidae
: ナデシコ目 Caryophyllales
: ナデシコ科 Caryophyllaceae
: Sileneae
: センノウ属 Lychnis
学名
Lychnis
L.
タイプ種
Lychnis chalcedonica L.
和名
センノウ属(仙翁属)
英名
campion

本文参照

センノウ属(センノウぞく、学名: Lychnis、和名漢字表記: 仙翁属)は、ナデシコ科の一つ。

センノウの名称は、昔、京都嵯峨にあった仙翁寺(せんのうじ)にあったことによるという。

特徴[編集]

ふつう多年草対生し、平たく、縁は全縁となる。

は集散花序をなす。萼片は合生して円筒形になり、10脈がある。花弁は5個で、舷部は全縁となるかまたは多裂する。雄蕊は10個、花柱は5個であるが、ときに2個または4個のものがある。

蒴果は先端から裂開し、蒴果の数は花柱と同数となる。

[編集]

世界に約30種あり、日本には次の6種があるほか、多くの栽培種がある。ガンピセンノウやセンノウは古くから観賞用として栽培されていた。

日本の種[編集]

帰化、栽培種[編集]

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]