セレベスパームシベット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セレベスパームシベット
保全状況評価
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ジャコウネコ科 Viverridae
亜科 : パームシベット亜科
Paradoxurinae
: セレベスパームシベット属
Macrogalidia
: セレベスパームシベット
M. musschenbroekii
学名
Macrogalidia musschenbroekii
(Schlegel, 1877)
和名
セレベスパームシベット
英名
Celebes palm civet
Musang
Sulawesi palm civet

セレベスパームシベットMacrogalidia musschenbroekii)は、動物界脊索動物門哺乳綱ネコ目(食肉目)ジャコウネコ科セレベスパームシベット属に分類される食肉類。本種のみでセレベスパームシベット属を構成する。

分布[編集]

インドネシアスラウェシ島[1][2][3]固有種

形態[編集]

体長65-100cm。[2][3]尾長44.5-62cm。[1][2][3]体重オス6.1kg、メス3.8-4.5kg[3]とジャコウネコ科最長種。[1]全身は短い体毛で密に被われる。[2][3]頸部の体毛は前方へ向かう。[2][3]眼の周囲には灰色の斑点が入る。[2][3]背面は赤褐色や暗褐色で、背面後部や体側面に淡色の斑点が並ぶ。[1][3]胸部は赤みを帯びる。[2]尾は褐色で、背面には輪状に10本の暗色斑が入る。[2][3]

指趾の間には水かきがある。[1][3]生殖器に臭腺(会陰腺)がある。[1]

乳頭数は4。[2]

分類[編集]

本種の化石が発見された例もあり、原始的な形態を残した種だと考えられている。[3]

生態[編集]

標高2,600m以下にある多雨林雲霧林に生息する。[3]半樹上棲で地表でも活動するが、樹上にも登る。[2]単独で生活する。[3]

食性は動物食傾向の強い雑食で、小型哺乳類、果実などを食べる。[2][3]家禽や家畜の幼獣を襲うこともある。[2][3]

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊などにより生息数は減少している。[3]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科1 食肉類』、平凡社1986年、152-154、160頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 今泉吉典監修 『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』、東京動物園協会、1991年、97-98頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ5 東南アジアの島々』、講談社2000年、133頁。

外部リンク[編集]