セオドア・フリーリングハイゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セオドア・フリーリングハイゼン

セオドア・フリーリングハイゼン(Theodore Frelinghuysen, 1787年3月28日 - 1862年4月12日)は、アメリカ合衆国政治家ニュージャージー州検事総長、ニュージャージー州選出連邦上院議員、ニューアーク市長を務め、1844年の大統領選挙ではホイッグ党の副大統領候補として立候補した。

生い立ちと家族[編集]

1787年3月28日、フリーリングハイゼンはニュージャージー州サマセット郡フランクリン郡区において誕生した。父親はフレデリック・フリーリングハイゼン、母親はガートルード・シェンク (Gertrude Schenck) であった。

1809年、フリーリングハイゼンはシャーロット・マーサー (Charlotte Mercer, c.1790-1854) と結婚した。2人の間に子供は生まれなかった。1857年、フリーリングハイゼンはハリエット・パンペリー (Harriet Pumpelly) と再婚した。2人の間に子供は生まれなかった。

法律[編集]

フリーリングハイゼンは1804年にニュージャージー大学(現在のプリンストン大学)を卒業した。フリーリングハイゼンは兄のジョン・フリーリングハイゼンの下で法律を学び、続いてリチャード・ストックトンに弟子入りした。フリーリングハイゼンは1808年に事務弁護士として認可を受け、続いて1811年に法廷弁護士としても認可を受けた。フリーリングハイゼンはニューアークで弁護士業を開業した。

政治[編集]

フリーリングハイゼンは1817年ニュージャージー州検事総長となった。1829年、フリーリングハイゼンはニュージャージー州最高裁判所判事への指名を断り、連邦上院議員となった。フリーリングハイゼンは1835年まで連邦上院議員を務めた。

フリーリングハイゼンは連邦上院議員として、1830年インディアン移住法に異議を唱え、反対派の先頭に立った。フリーリングハイゼンはインディアン移住法に対する演説を3日連続で行い、演説時間は合計で6時間におよんだ。フリーリングハイゼンは、この法律は将来的に恐ろしい結果をもたらすだろうと、次のように警告した。

インディアンの隣人であるという宗教的恩恵を、不当に侵害してはならない。後悔という将来の苦悩を、回避しなければならない。

フリーリングハイゼンは、政治の世界に宗教を持ち込んだとして、非難を浴びた。インディアン移住法はその後、可決された[1]

フリーリングハイゼンは1837年から1838年までニューアーク市長を務めた。1844年、フリーリングハイゼンはホイッグ党の副大統領候補となった。フリーリングハイゼンはヘンリー・クレイを大統領候補として戦ったが、民主党に敗れた。

教育[編集]

フリーリングハイゼンは1839年から1850年までニューヨーク大学で第2代学長を務めた。フリーリングハイゼンは1850年から1862年までラトガーズ大学で第7代学長を務めた。

晩年[編集]

1862年4月12日、フリーリングハイゼンはニューブランズウィックにおいて死去した。フリーリングハイゼンの遺体は、ニューブランズウィック市内の第一改革派教会墓地に埋葬された[2]

注釈[編集]

  1. ^ Anthony F.C. Wallace, The Long, Bitter Trail: Andrew Jackson and the Indians (New York: Hill and Wang, 1993), pp. 68-9, and Francis Paul Prucha, The Great Father: The United States Government and the American Indians, Volume I (Lincoln: University of Nebraska Press, 1984), pp. 204-5.
  2. ^ “Death of Hon. Theodore Frelinghuysen.”. New York Times. (1862年4月13日) 

外部リンク[編集]

公職
先代:
アンドリュー・ハンター
ニュージャージー州検事総長
1817年 - 1829年
次代:
サミュエル・サウサード
先代:
ウィリアム・ホルジー
ニューアーク市長
1837年 - 1838年
次代:
ジェイムズ・ミラー