ズーゴート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ズーグズーゴートתְּקוּפָה) הַזּוּגוֹת) zūghôth, zugot)は、タンナーイームに先行する時代のハラーハーの指導者であり、トーラー・シェベアル=ペ口伝律法)の伝承に責任を持った五組・五代の人間に対する名称・称号。この時代をズーゴート時代(təqūphāh hazZūghôth)ともいう。

ミシュナーネジーキーンアーボートにおいて言及されている。 ズーグという言葉は、ラテン語の "duumviri" に相当する。

ハギーガー chagigah では、二人が常にサンヘドリンの首長として任命され、1人がサンヘドリン長(ナーシー)となり、もう一方が副サンヘドリン長と法廷(ベート・ディーン bet din)の首長となることが述べられている。

ズーグの一覧[編集]

  1. ヨーセ・ベン=ヨーエゼル Jose ben Joezerエルサレムヨーセ・ベン=ヨーハーナーン Jose ben Johanan
    マカベア戦争の時代に活躍()
  2. イェホーシューア・ベン=ペラヒヤー Joshua ben Perachyahアルベラのニッタイ Nittai of Arbela
    ヨハネ・ヒルカノス John Hyrcanus の時代()
  3. イェフーダー・ベン=タッバイ Judah ben T'abbaiシムオーン・ベン=シェタハ Simeon ben Shet'ach
    アレクサンドロス・ヤンナイオス Alexander Jannæusサロメ・アレクサンドラの時代に相当する()
  4. シェマーヤー Shemaiah(サンヘドリン長)、アブタリオーン Abtalion(副サンヘドリン長)
    ヒルカノス2世 Hyrcanus II の時代。二人とも改宗者。ここまではミシュナー前の時代 pre-Mishnaic era のラビとされる()
  5. ヒレル Hillelシャンマイ Shammai
    ヘロデ王の時代(1世紀)。ミシュナー時代のラビとされる

関連項目[編集]