ハラーハー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハラーハーハラハーhalakhah, הֲלָכָה hălākhāh)は、ヘブライ語の概念用語で、ユダヤ法(Jewish law)とも呼ばれる。次の意味で使用される。

  1. ラビ達の承認したユダヤ法
  2. ユダヤ教の法規的な側面の総称
  3. ラビ文学において、アッガーダー(聖書の注解や格言を通して教訓的なものを引き出したり、聖書に書かれていない物語、様々な逸話などの類)との対象として用いる用語。

例えば、タルムードの大部分を占めているのはハラーハーである。ハラーハーはヘブライ聖書に書かれておらず、トーラー・シェベアル=ペ、タルムード、その注釈書(ハラーハー文学/文献)の中に入っている。

ハラハー文学の例:
David ben Naphtali Hirsch Frankel (1704-1762): Talmud Yerushalmi 'im perush Korban ha-'Edah, Berlin, 1757年

ハラーハーにおいて重要な歴史の区分[編集]

関連項目[編集]

外部リンクと参考資料[編集]

  • [1] (ハラハーを研究する)

総合[編集]

討論[編集]

フルテキスト[編集]

研究の出典[編集]

文献案内[編集]