スラミティス (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スラミティス
752 Sulamitis
仮符号・別名 1913 RL
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
(スラミティス族)
発見
発見日 1913年4月30日
発見者 G. N. ネウイミン
軌道要素と性質
元期:2008年5月14日 (JD 2,454,600.5)
軌道長半径 (a) 2.462 AU
近日点距離 (q) 2.278 AU
遠日点距離 (Q) 2.647 AU
離心率 (e) 0.075
公転周期 (P) 3.86 年
軌道傾斜角 (i) 5.96
近日点引数 (ω) 24.30 度
昇交点黄経 (Ω) 85.23 度
平均近点角 (M) 311.35 度
物理的性質
直径 62.77 km
自転周期 27.367 時間
絶対等級 (H) 10.10
アルベド(反射能) 0.0409
■Project ■Template

スラミティス (752 Sulamitis) は小惑星帯に位置する小惑星。スラミティス族という極めて小規模な小惑星族を代表する天体である。1913年4月30日ロシア天文学者グリゴリー・ニコラエヴィチ・ネウイミンシメイズで発見した。

旧約聖書のシバの女王とソロモン王に関する一節に登場する女奴隷にちなんで名づけられた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
ファイナ (小惑星)
小惑星
スラミティス (小惑星)
次の小惑星:
ティフリス (小惑星)