スミュルナのテオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スミュルナのテオン
(Theon of Smyrna)
人物情報
生誕 70年
ギリシャの旗 ギリシャ
死没 135年
ギリシャの旗 ギリシャ
国籍 ギリシャの旗 ギリシャ
学問
研究分野 哲学
数学
天文学
テンプレートを表示

スミュルナのテオン(Theon of Smyrna、70年頃 - 135年頃)はギリシャ哲学者数学者天文学者

テオンの前半生は知られておらず、プトレマイオスの著作に127年から132年の間のテオンの惑星の観測についての引用がなされているが、その他の年代に関することついての記録は残っていない。

プラトンに関する3つの著書を書いたとされるが、そのうちの2つは現在残っていない。『プラトンを読むのに必要な数学』Expositio rerum mathematicarum ad legendum Platonem utiliumが唯一残っている。この著作の最初の部分は「数」について述べ、次の部分は音響と和音を扱っている。数学に関する最初の部分は今日でいう数論の分野で奇数、偶数、素数完全数過剰数などについて述べている。音楽や和音の理論はピタゴラス学派の影響を強く受けている。天文学に関する言及もあり、地球の形、恒星の隠蔽や食、惑星の太陽面通過などを述べている。

外部リンク[編集]