スピログラフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スピログラフ
スピログラフで描かれた曲線の例

スピログラフ: Spirograph)は、曲線による幾何学模様を描くための定規の一種である。主に玩具店で販売されていることから玩具ともみなされている。

「スピログラフ」という名称はハズブロ登録商標である。

概要[編集]

プラスチック製の板に歯車状の穴が空けられており、穴の内側にそれより小さい歯車(ピニオン)を付け、ピニオンに空けられた小さな穴にボールペン鉛筆などの筆記具の先を通す。筆記具でピニオンを回す様にして動かすことで、その軌跡が内サイクロイド曲線を描き出し、万華鏡を思わせる幾何学模様となる。ピニオンの大きさや穴の位置などによって曲線の形や大きさが変化するため、そられの組み合わせに応じて描かれる模様も様々に変化する。

歴史[編集]

1965年イギリス発明家デニス・フィッシャーが考案したといわれ、商品化されたのは1966年のことである。日本においてもその直後に導入され、子供を中心にブームとなった。現在は100円ショップなどでも購入できる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]