ステファン・グシェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ステファン・グシェŞtefan Guşă1940年 - 1994年3月28日)はルーマニア社会主義共和国に於ける旧ルーマニア国軍の軍人。参謀総長。

同共和国のチャウシェスク政権下で、国軍の最重要ポストの一つである参謀総長を勤める。 1989年にルーマニア革命が発生すると救国戦線側に加担、ルポイ大尉がテレビに出演し国軍の市民側への参加を呼びかけた後に、テレビ放送で国軍が市民への発砲を行わないように呼びかけた(呼びかけさせられた)。 革命期間中は、当初救国戦線の下で国軍の指揮を執り、ハンガリー軍とソ連の介入を拒否したが、秘密裏に暗号を使ってチャウシェスク派を指揮しているのではないか、との疑念を救国戦線側が抱いたことから解任された。

1994年3月28日、ブカレストの軍病院にてガンのため永眠。

参考文献[編集]

ダン・チョバヌ、智片通博『この目で見た政権の崩壊―ルーマニア「革命」の7日間―』日本放送出版協会、1990年