ステファニー・ベッケルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Stephanie Beckert
ステファニー・ベッケルト
2010年バンクーバーオリンピック
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
所属 ESC Erfurt[1]
誕生日 1988年5月30日(26歳)
出身地 ドイツの旗エアフルト
身長 172cm
体重 69kg
公式サイト Stephanie Beckert
 
獲得メダル
女子スピードスケート
オリンピック
2010 バンクーバー 団体パシュート
2010 バンクーバー 3000 m
2010 バンクーバー 5000 m
世界距離別選手権
2011 インツェル 5000 m
2012 ヘーレンフェーン 3000 m
2012 ヘーレンフェーン 5000 m
2011 インツェル 3000 m
2011 インツェル 団体パシュート

ステファニー・ベッケルト(Stephanie Beckert、1988年5月30日 - )は、ドイツの女子スピードスケート選手。専門は長距離。

経歴[編集]

もともとはフィギュアスケートをしていたが、10歳の時スピードスケートに転向。[1]2006/07シーズンにワールドカップへデビューする。翌シーズンには団体パシュートのメンバーにも入っている。2008/09シーズンに初めて表彰台へ上がり、長距離(3000/5000mの合算)の総合4位となった。さらにその翌シーズンに初優勝し、長距離総合2位。バンクーバーオリンピックでは団体パシュートの金メダルをはじめ3個のメダルを獲得した。翌年には世界距離別選手権でも最初のメダルを手にした。2011/12シーズンは背中の負傷により調整が遅れたが、[1]世界距離別選手権で2個のメダルを獲得するなど好成績を残した。ワールドカップの長距離では、2009/10シーズンから3シーズン連続で、マルチナ・サブリコワに次ぐ総合2位に入っていた。2012/13シーズンはワールドカップで2シーズンぶりに優勝したが、総合では4位にとどまり、世界選手権でもメダルには届かなかった。

人物[編集]

  • 弟のパトリックもスピードスケートのドイツ代表選手で、バンクーバーオリンピックに出場した。また母親もスケート経験を持っている。[1]
  • パトリックのほかに2人の弟妹がいる。2018年の平昌オリンピックにともに参加するのが夢だという。[1]
  • 目標とする選手は長年スピードスケートの女王として君臨したグンダ・ニーマン=シュティルネマンである。また両親から最も強い影響を受けたとしている。[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Speed Skating - Biographies - Stephanie Beckert-国際スケート連盟によるバイオグラフィ

外部リンク[編集]