スッポンタケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スッポンタケ
Phallus impudicus 031005Bw.jpg
スッポンタケ
分類
: 菌界 Fungi
: 担子菌門 Basidiomycota
亜門 : 菌蕈亜門 Hymenomycotina
: 真正担子菌綱 Homobasidiomycetes
: スッポンタケ目 Phallales
: スッポンタケ科 Phallaceae
: スッポンタケ属 Phallus
: スッポンタケ Phallus impudicus
学名
Phallus impudicus
Linnaeus, 1753
和名
スッポンタケ
英名
Common stinkhorn

スッポンタケ(鼈茸)とは、スッポンタケ科スッポンタケ属の食用キノコ学名Phallus impudicus

悪臭がするが食用が可能で、中華料理にも使用される。

特徴[編集]

幼菌

からにかけて地などで発生。形は陰茎に似ている。学名もこれにちなむ。和名は傘の形がスッポンの頭部に似ることから。

キノコ本体はごく柔らかい。幼菌のような形状で、内部には半透明のゼリー状の物質につつまれた柄と暗緑色の傘がある。この時点では悪臭はしない。しかし、成熟すると柄とが展開し、傘の表面に悪臭のする粘液質のものが一面に現れ、、悪臭がするようになる。これはグレバで形成された胞子を含むもので、その悪臭は、ハエなどを誘引し、胞子を運ばせるためである。キノコ本体は一日でとろけるように消滅する。

色については幼菌も含め白だが、傘はグレバの色で暗緑色に見える。

なお、高級食材として有名なキヌガサタケはこれにレース状の飾りが付いただけ、と言っていいものである。

調理[編集]

グレバを取り除いた柄の部分や、幼菌は食用である。油で揚げるのような味になる。中華料理にも利用される。

その他[編集]

その形が勃起した陰茎に非常に似ていることで古くから注目された。学名Phallus impudicusは、phallus(男根)、im-(否定接頭辞)+pudicus「恥じらう」で「恥知らずな男根」という意味である。根もとにはふくらんだツボがあり、これは陰嚢に似ているとも言える。イギリスのビクトリア時代など性に関する規範が厳格だった時期には、このキノコの図は、それを見る人にショックをあたえないように、上下さかさまに描かれることがよくあった。南方熊楠が描いたスッポンタケの絵が残されているが、実際にはない血管状のすじやが描きくわえられており、わざと男性器に似せて描いたように見える。

関連項目[編集]