スコットランド大臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スコットランド大臣Secretary of State for Scotland)は、英国政府においてスコットランドに関する事務を担当する大臣であり、スコットランド省Scotland Office、以前はScottish Office)の長である。このポストはイングランドとスコットランドの両議会統合直後の1709年に創設されたが、1745年ジャコバイトの乱の後1746年に廃止され、スコットランドに関する事務はまず北部省に、1782年には内務省に移管された。

1885年にはスコットランドに関する事務の負担が大きくなったため、再度独立したスコットランド長官(Secretary for Scotland)のポストが創設され、通常閣内大臣とされるようになり、1926年に正式に閣内大臣とされるに至った。

1660年 - 1679年の期間には初代ローダーデイル公ジョン・メイトランドがスコットランド大臣をつとめたが、上記の流れからは独立したものである。

1999年に実施されたスコットランドへの権限委譲に伴い、旧スコットランド省 (Scottish Office) の所管事務が分割され、大部分が新しく設置されたスコットランド行政府や他の英国政府機関に移管され、新スコットランド省 (Scotland Office) には限られた役割が残されるのみであった。従って、スコットランド大臣の役割は抑制された。

2010年5月現在の大臣はデービッド・キャメロン政権下のダニー・アレクサンダー

統合後のスコットランド国務大臣[編集]

スコットランド大臣(1709年 - 1746年)[編集]

その後、空職が続いた。ある参考図書においてチャールズ・ダグラスセルカーク伯爵は1731年にこの役職に就任したとの記載があるが、他の資料による裏付けが得られなかった。

また、その後空職になった。